ウェルスナビ(WealthNavi)の評判と儲かるかどうかを解説

探偵

ウェルスナビ(WealthNavi) 検証記事

ウェルスナビ(WealthNavi)

ウェルスナビ(WealthNavi)のニセ評判を検証!

評価悪い

資産運用を代行する「ウェルスナビ」の評判を検証しました。資産を預ければETFや金などの金融資産に分散投資してくれる、今話題のサービスです。

しかし、実はこの人気や世間の評判は意図的に作り出されたものである可能性が浮上したので、本記事ではその真相を掘り下げます。

そして当サイトに投稿された忖度もステマも無い本当の評判を掲載しています。「ウェルスナビ」を利用しようか迷っている人は是非ご一読ください。



  1. ウェルスナビ評判に隠された嘘

  2. 「ウェルスナビ」と検索すると、ウェルスナビを褒める記事、メリットデメリットを解説する記事、利用しての結果を公開する記事、様々な記事が出ています。

    皆さんはこれら記事に書いてある内容が真実だと思いますか?実はほとんどのサイトに書かれている内容が、ウェルスナビを褒めること前提に書かれたヤラセです。

    その理由が以下の画像。

    file136

    file136

    どのサイトにもウェルスナビ公式ページへ移動するボタンが設置されており、そのボタンのリンク先を示すURLには、ヤラセの証拠となる文字列「asp-net」が含まれています。

    これはサイト経由でウェルスナビを利用すればサイト運営者に報酬が支払われる契約の証拠なのです。いわゆるアフィサイトというものですね。他にも「traffictgate」や「accestrade」「felmat.net」が含まれる場合もヤラセです。

    つまり、彼らはウェルスナビの評判が良いように見せることで印象操作を行い、ウェルスナビを利用してもらうことで報酬を得る業者というわけです。

    これがウェルスナビを取り巻く環境の現実です。私が調べたところ、検索して出てくるほぼ全てのサイトがアフィリエイトサイトです。

    貴方が検索して見たあのサイトも、あのサイトも、全てウェルスナビに好印象を抱かせるためのヤラセサイトなのです。これらサイトを参考に評判を知ろうとすると、まさに彼らの思うつぼ。真の評判ではありないのですから。

    またWEBサイトだけでなく、Twitterで実績の報告をしている人も…。副業系のブログを運営している人など、ただの一般人ではない方が多数。

    こういう人も自分のブログに誘導して、そこから利用させるのが目的なので要注意。ヤラセ投稿を行っている可能性も大いにあります。↓こういう人とか。

    file136

  3. ウェルスナビ本当の評判

  4. 世間のリアルな評判を解説致します。現状当サイトのように投稿された口コミを公開しているサイトはほぼないので、有益な情報となるのではないでしょうか。

    以下当サイトに寄せられた口コミの一部を紹介

    口コミ「CEO柴山の有難い御言葉を聞け。「10年、20年かけて資産を築いていくという観点からは、仮に金融危機が起きても、その影響は実は大きくありません。」だそうだ。馬鹿にしてるよなあ?大きくありませんだと?んなわけねえだろ馬鹿。オレ100万ツッコんで20万溶けてるけどお前残り10年でやすやすと取り返せんのかよ?コロナ以前までの1年間でさえ-3%だったのに?もうこの会社つぶせ。ユーザー舐めてるわ。」

    口コミ「複利の効果を主張しつつ、高額な手数料で利益を相殺してくる。投資で利益が無ければ原資が大きく削られる。結果今は-が30%以上、金額で言うと30万以上のマイナスです。こんなものがもてはやされているなんて、投資初心者をカモにした商売だと言わざるを得ません。」

    口コミ「戻ってきたとの報告がSNSで多く見られるのですが、私は相変わらずマイナス20%前後のままです。リスク許容度の違いでしょうか?皆さんはどうですか?戻ってきていますか?」

    多くのサイトから感じる「勝てそう」という印象とは対照的に、大きな損失を抱えている方がいる模様。さらにコロナによる損失だけが原因ではなく、コロナ以前から負けている方や、コロナが落ち着いて日経平均が上がり始めた今も回復しない方がいるようです。

    この損失に苦しむ声が本当の世間の意見、評判なのです。そもそも普通に考えて民間企業の行う投資サービスがとくにリスクも無く誰でも何もせず儲かるなんて都合の良いものなわけありませんよね。

    以下はSNS上で見つけた損失を出している方の発信情報。言うまでもありませんが損失の声はこれだけではありません。同じような意見は相当出ています。

    file136

    file136

    世間のヤラセに埋もれたリアルな評判はやはり損失だらけ・・・。負けている方は決して少なくありません。皆さんご注意ください。

    管理人が厳選したオススメサービス↓
    >>新登場の銘柄選別サービス「循環物色アナライザー」とは?

  5. 2020年4月20日追記:ウェルスナビコロナで爆死

  6. コロナショックで世界中のあらゆる指数が下落。終息の見通しもつかず、株価は実体経済を全く反映しない混迷を迎えています。

    こんなどうしていいかわからない時こそ、ローリスクを謳うロボアドバイザーのウェルスナビが活躍する時なのではと思い評判を調べてみました。

    その調査結果がコチラ…。

    口コミ「私もコロナはじまってマイナスが10%を超え、そこからずっとマイナスが二桁%を維持しています。最近の日経平均の上昇でも回復しませんでしたからね…。もうあまり期待していません。」

    口コミ「マイナス20%や30%が当たり前になって、たった1%の回復を喜ぶ状態になってしまった。負けていて当たり前、それが普通になってしまったのが怖い。そしてこれでも運用資産額の1%は手数料として取られていく。資産は減る一方なので、多少勝って資産が増えてもこれまでの手数料によるマイナスさえ取り返せない。ロボアドバイザーの重大な欠点だな。一度大きく資産が減ると、取り返せない。」

    口コミ「てかTwitterで呟く人が目に見えて減ってる。前はみんな毎日のようにTwitterで報告してたのに。かなしいなあ。。。」

    file136

    file136

    上記の口コミ、画像は全て2020年の4月にネット上に投稿された情報になります。コロナで多くの方が資産を減らし、悲しみに暮れているようです。ロボアドバイザー最大手ウェルスナビ、コロナに敗れ去る

    そういえば、ウェルスナビのHPで行った資産運用の試算では、絶対に資産が増えるような表現がありましたが、おかしいですね。グラフでは10%や20%もマイナスになる可能性は一切示されていません

    file136

    このような感じです。リスクの説明が無いどころか、リスクが無いかのように説明をしているのは悪質極まりないですね。評判だけでなく運営体質も悪いということが判明しました。

    話がそれましたが、コロナショック後のウェルスナビの評判はとにかく損失を出して辛いという声で溢れています。

    少なくとも今利用するのは避けたほうが良いでしょうね。

  7. ウェルスナビデメリット

  8. ウェルスナビのデメリットは短期では損をする可能性が高いことです。よって一度利用すれば長期運用しなければならず、それでも損失を取り返せるかは不明。その理由として挙げられるのは高額な手数料

    ウェルスナビでは手数料として1年間に預かり資産の1%を徴収されます。預かり資産とはウェルスナビで運用している金融資産の総額ですね。

    file136

    運用する金融資産は全6種(不動産、米国株、日欧株、新興国株、米国債券、金)あり、その比重として、米国株へ投資するETF(VTI)が大きい傾向にありますが、このVTIはウェルスナビを介さず自分で取引すれば運用手数料はたったの0.03%。

    同じく比重の大きい日欧株のETF(VEA)もウェルスナビを介さなければ運用手数料は0.09%。同じく比重の大きい新興国株ETF(VWO)も自分で取引すれば運用手数料は0.14%。ウェルスナビの手数料は非常に高額だと言えます。

    当然それを補えるだけの利益を出してくれれば良いのですが、ウェルスナビは10年以上の長期運用を前提とした積立の色が強いローリターンのサービスです。短期ではほとんど利益が出ないので、手数料負けする可能性が非常に高くなっています。

    実際とある方がブログ内で紹介していた、半年間のウェルスナビ運用実績が以下の画像。

    file136

    半年の運用で含み損状態です。運用13か月目に突入した別の方の実績もありましたので紹介します。

    file136

    この方もマイナス。このように、短期では含み損を抱えることさえ珍しくありません。短期だと充分な運用益を期待できないので、資産を減らす可能性は非常に高いです。

    では長期運用すれば少しづつ利益が出るのかと言えばそうとも言えません。何せウェルスナビ側は10年以上の運用で利益が出るなどと言っていますが、まだ10年以上の運用を行った方は誰一人おらず、何のデータも無い希望的観測でしかないからです。

    以上、ウェルスナビのデメリットの解説でした。

  9. ウェルスナビメリット

  10. ではメリットはどのようなものがあるのでしょうか。これはわかりやすいですね。運用を任せられる点です。初心者にとっては投資先を選んだり、資金配分を考えることをしなくていいのはありがたい話です。

    最初はウェルスナビに任せ、次第に投資を学びウェルスナビの運用成績を見ながら自分でより良い投資を行うことも出来るでしょう。

    いうなればウェルスナビは手数料を払って分散投資の勉強をさせてもらえる教材くらいに考えたほうが良いかもしれません。

  11. ウェルスナビ評判の総括

  12. 世間のウェルスナビに関する高評価な評判のほとんどは、自らのサイト経由でウェルスナビを利用してもらうことを目的としたヤラセです。実際の評判はウェルスナビを批判的に捉えるものが少なくありません。

    しかし過剰に持ち上げるニセの評判があることは事実ですが、かといってウェルスナビが悪いものだというわけでもありません。ウェルスナビを賢く使えばアナタの役に立つ可能性もあります。

  13. ウェルスナビ概要・特徴

  14. 最後に概要の解説を行っておきます。ウェルスナビは「全自動でおまかせできる資産運用」を掲げ、世界の富裕層も実践する「長期・積立・分散」を誰でも手軽に行えるようにしたサービスです。

    ロボアドバイザーと呼ばれるサービスで、自己資金を投入することでAIが自動で分散投資、運用を行ってくれるものです。他にもTHEOや楽ラップなどロボアドバイザーは数種類あります。

    以下基本情報
    運営会社:ウェルスナビ株式会社
    代表者:柴山和久
    社員数:58人(2018年7月時点)
    住所:東京都渋谷区渋谷2-22-3 渋谷東口ビル9F
    設立年月:2015年4月
    資本金:57億7682万円(資本剰余金含む)
    自己資本規制比率:366.7%(2019年6月末)
    主な株主:AT-I投資事業有限責任組合
    Infinitye.venturesAsiaIII,L.P.
    SBIホールディングス株式会社
    FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合
    株式会社SMBC信託銀行(特定運用金外信託口契約番号12100440)
    DBJキャピタル投資事業有限責任組合
    SMBCベンチャーキャピタル2号投資事業有限責任組合
    みずほ成長支援投資事業有限責任組合
    上場有無:非上場
    登録番号:関東財務局(金商)第2884号
    事業内容:金融商品取引業
    講座申込件数:28万件以上(2020年2月13日時点)
    預かり資産額:2300億円以上(2020年2月13日時点)
    ポートフォリオ診断:無料
    運用手数料:預かり資産の1%(現金部分を除く年率。税別)、3000万円を超える部分は年率0.5%(現金部分を除く年率。税別)。
    長期割:50万円~200万円未満=6か月毎に0.01%割引、200万円以上=6か月毎に0.02%割引、最大0.9%(年率)分の手数料を割り引く
    最低投資金額:10万円
    自動積立金額:1万円から
    平均積立金額:3.3万円(2017年11月1日~2018年2月28日に運用開始したユーザーのデータから算出)
    特定口座:選択可能
    入金方法:銀行振込、クイック入金
    申込から買い付けまでの期間:依頼日より最短3営業日後
    投資対象:米国ETF
    取り扱い銘柄数:6~7つの海外上場ETFを通じ、世界約50か国1万1000銘柄に分散投資
    リバランスの頻度:半年に一回
    リスク許容度一覧
    リスク許容度1:7.8%
    リスク許容度2:9.5%
    リスク許容度3:11.2%
    リスク許容度4:12.8%
    リスク許容度5:12.8%

    ウェルスナビは長期投資と国際投資、分散投資の3つの特徴を持ちます。短期で大儲けというようなツールではなく、10年20年単位でコツコツ資産を増やしていくものになります。

    また海外の多種多様な金融商品に投資することができるので、日本株などにとらわれず常に投資効率の良いものに投資することができます。

    また分散投資を行うので、局所的な暴落や変動による影響を抑えることができます。逆に言えば大儲けもしにくいということですが、ウェルスナビの目的は大儲けではないので仕方がありません。

    そしてそれらの投資対象や投資比率を自動で最適化してくれるのがこのウェルスナビです。初心者では到底出来ない高度な投資を全て任せることができるのは最大の特徴でありメリットです。

  15. ウェルスナビ概要、サービスの紹介

  16. 無料コンテンツ
    ・無し

    優良コンテンツ
    ・ウェルスナビ
    相場の動向に惑わされず、あなたの代わりに、すべて自動で資産運用を行います。

    取引手数料
    ・預かり資産の1%
    売買手数料などはウェルスナビが負担。
公式サイトを見る

 ウェルスナビ(WealthNavi)の関連記事

ウェルスナビ(WealthNavi)の口コミ

▼次の口コミを表示 読み込み中

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください。

この記事を読んでいる人はコチラの記事も読んでいます