株塾を初心者が利用すべきでない理由と口コミ

探偵

株塾(相場師朗) 検証記事

株塾(相場師朗)

株塾を初心者が利用すべきでない理由

評価微妙

株塾」は投資初心者でもついていけるのか?多くの方が不安に感じるこの疑問に回答します。一言でいうと

初心者では株塾についていけません

理由はいくつかありますが、例を挙げるなら
①講義内容が難解すぎる
②1から学ぶと数百万の費用が掛かる
③意味があるのかわからない膨大な作業を要求される(多くの塾生がここでくじけがち)

などです。以下の記事ではそれぞれについて解説しているので、「初心者の自分でもついていけるか?」と不安に感じている方にとって株塾に入会するかどうかの参考になればと思います。



  1. 株塾講義内容が難解すぎる

  2. 何が難解なのかというと、講義やセミナーの中で言っていることが矛盾しているような場面が非常に多く、結局何が正解なのかわからなくなることです。

    例えば
    相場師朗「デイトレードは手数料がかさむからやめたほうが良い」 ↓ 相場師朗「デイトレードの集中セミナーをやります」 ↓ 自分「結局やっていいのか悪いのかわからない…」

    という場面や

    相場師朗「5、20、60日移動平均線を分析するだけでいい」 ↓ 相場師朗「3日移動平均線、7日移動平均線も分析しないと駄目」 ↓ 自分「どっちなの…」

    という感じ。ベテラン投資家の人は相場師朗の言いたいことをすんなり理解できるのかもしれませんが、初心者の方や言われたことに愚直に取り組む人は混乱するでしょうね。

    分かりやすい講義だとはお世辞にも言えない、というのが私の感想です。しかも「ショットガン投資法」だと個人の裁量で判断する場面が非常に多く、負け続きの結果が余計に自分の解釈を混乱させます。もう嫌になります。

  3. 株塾1から学ぶと数百万の費用がかかる

  4. 初心者の方が株式投資のイロハから株塾で学ぼうとすると、軽く100万円はかかります。それは次々新しい技術習得のためのセミナーや講座に誘導されるからです。

    前述のデイトレード集中セミナーもそう、後出ししてきた3日、7日移動平均線の勉強講座もそう、後からアレも学ばないと、コレも学ばないと、と追加の出費が必要になるのです。

    株塾だけでも毎月33,000円、そこに別料金の特別講義の類、加えて相場師朗が作った何万円もする情報商材や大量の書籍も買うことになるので、真剣に取り組むなら費用は底なしにかかります。

    だからといって金を出し渋れば、成果が出ないときに「○○の講義を受けていないから」「本を買っていないから」と一蹴されてしまって相手にしてもらえないので、相談に乗ってもらうためにも金をかけなくてはならない…

    今思うとまるで怪しい宗教ですね(笑)兎にも角にもお金は本当にかかります。しかし冷静に世の中を見れば、無料で分析方法を解説しているWEBサイトやyoutubeチャンネルがたくさんありますし、初心者向けのわかりやすい本だって無数にあります。

    株塾に100万つぎ込むなら、それを実弾にした方がよっぽど価値があったなあと。

  5. 株塾膨大な練習量

  6. 私が一番言いたいのはここですよ。初心者さんどころか中級者、ベテランまで株塾の退会理由で最も多いのがこれ。

    具体的に株塾に入塾すると何をやることになるのか説明します。

    まずは有名なペイント練習。これはチャートソフトの画面を印刷したりPCソフトのペイントに張り付けて、株価の値上がりポイント、値下がりポイントなどをとにかく分析して書き込んでいくもの。

    特定の銘柄に対してこれを行うことで、その銘柄の値動きの特徴が掴めるというものです。株塾ではこのペイント練習を最低2000枚は行うことを推奨しています。

    当然そのペイント練習が意味を成すには土台となる知識が必要となるので、その勉強をしたうえでペイント練習に取り掛かることとなります。

    となると、単純計算で1日1枚ペイント練習をこなしたとしても、最低ラインの2000枚を終えるまでに6年近くかかってしまいます

    これに挫折する人が本当に多い。だって何十万、何百万も払って何年間も膨大な時間をかけて努力してもなかなか勝てるようにならないんですから。

    これ意味あるのか?と疑心暗鬼にかられ、そこに株塾運営から「プライベートレッスン」の勧誘などが来てまた何万もの費用を取られる…。しかもそれでもなかなか勝てない。

    次第に「やめよう…」となるわけです。まあ利益を出せる個人投資家自体多くは無いので、勝てるようになる人が少ないのは株塾に限った話ではありませんが。

  7. 初心者オススメの勉強

  8. 初心者の内はとりあえず本を片っ端から呼んで、デモトレードするのが良いです。基本的な買いと売りのサインを学んで、銘柄選びのツールを上手く活用する。これを続けて利益を出せる自信がつけば、次は資金管理とメンタルコントロールを勉強しましょう。

    そして積極的に銘柄を買ってみる。実戦の中で勉強していけばいいのです。2000枚もペイント練習する必要は正直無いと思います。

    ちなみに私が参考になると思うものをいくつか紹介しておきます。
    【売買テクニックの勉強】
    ・ネットやamazonの本などいくらでもある。色々見るべし。
    【銘柄選び】
    ・四季報必須。四季報の読み方を解説する本もあるので併せて読むべき。
    ・バフェットコード。凄く使い勝手のいい無料スクリーニングツール。でも企業分析がわからない初心者には難しいかも。
    循環物色アナライザー。初心者でも使いやすい銘柄選別ツール。高騰期待銘柄を選びだすことに特化した新型ツール。
    【市場分析】
    ・youtubeチャンネルの高田資産コンサル。詳細でわかりやすい解説でファンが多い。
    【ニュースなど情報収集】
    ・yahoo!ファイナンス。個別銘柄の掲示板も有用。最新ニュースとみんながどう考えているか知ることが出来る。

    以上です。基本的に初心者が最初に手を出せるものを選んでいます。とはいえ中級者、上級者でも活用しているものばかりなので、長く活用できます。

    本サイトでは講師「相場師朗」に対して私が感じている問題点を解説した記事もありますので、興味があればそちらもどうぞ

    >>相場師朗がやっていることはハッキリ言って初心者狩り
公式サイトを見る

株塾(相場師朗)の口コミ

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください。