新生ジャパンの利用価値を検証

探偵

新生ジャパン投資 検証記事

新生ジャパン投資

新生ジャパンのコンテンツと口コミ検証

評価悪い


新生ジャパン投資は株の銘柄推奨や売買助言、またマーケットニュースの配信も行っている投資顧問サイトです。

本記事では新生ジャパン投資のサービス内容や特徴、評判を網羅的に解説していきます。新生ジャパン投資が何をしてくれるサイトなのか知りたい方は読んでみてください。

  1. 新生ジャパン投資評判は?

  2. まずは新生ジャパン投資の評判を見ていこうと思います。世間からどう評価されているのか確認していきます。

    新生ジャパン投資について多く見られる意見が次の3つ。

    ☑ 勝率が低い
    ☑ 損切指示が遅い
    ☑ 代表の前池英樹の実力は信頼出来る

    ではそれぞれ具体的な口コミと併せて、どういう理由でそう評価されているのか調査した結果を解説していきます。

    【評判①:勝率は低い】
    新生ジャパン投資に関する口コミを見ていると、勝率の低さを指摘する口コミが多数みられます。

    約2年前に会員になって、代替え銘柄3本、本銘柄2本 計5本で1勝3敗1塩漬け。 全くフォローメールは来ません。セールメールは毎日入ります。 もうこりごりです。「私は勧めない」さんと同じ気持ちです。情報料金を取っておいて「自己責任」と言うのもおかしいです。業者はなぜペナルティがないのか、金融庁に聞いてみます。
    ~株的中.com~

    有料銘柄を6件購入して1勝5敗。しかも、負けた5銘柄は、推奨時点から2割以上下落して数十万円損をしている。4倍目標で95千円も取った銘柄は5か月以上たった今、2割下落したままなのに継続保有を推奨。資金を塩漬けにしないで自分でスクリーニングした銘柄を買ったほうがよっぽど良かった。そうした中でも、次から次へと新しい有料銘柄を勧誘してくるのだが、そのメールの文面は過去に送ってきたメールの焼き直し。本当に後悔している。
    ~株的中.com~

    このように、新生ジャパン投資の推奨銘柄の低い勝率が非難されています。投資のプロである新生ジャパン投資が何故ここまで上がる銘柄を見つけ出せないのか

    調べていると、その原因と思われる情報にたどり着きました。

    それが、新生ジャパン投資の銘柄分析者・助言者の人手不足による精度低下です。

    新生ジャパン投資は元々前池 英樹・大浦 正年・岩永 勝美・永田 幸一の4名で分析・助言を行っていましたが、岩永 勝美が退職し、永田 幸一までもが退職、今は残った2名で分析からコラム作成まで全ての業務を行っています。

    そして残っている2人の内の片方は代表の前池。前池は代表としての仕事に加え、ラジオ番組や多数のコラムの寄稿など、新生ジャパン投資の分析以外の仕事を多く抱えています。

    つまり実質業務を行っているのは1名のみということ。1名で全てのコラムの作成、銘柄の分析、会員のサポートをするのは至難の業だと素人でも理解できます。

    恐らくこの人手不足が新生ジャパンの勝率の低さの要因ではないかと思います。

    【評判②:損切指示が遅い】
    新生ジャパンは推奨した銘柄が下がった時の損切指示が遅いせいで、損失が拡大しているとの口コミが多々あります。以下少々長いですが、是非読んでみてください。

    2020年 情報料金75000円の案件を2件、合計150000円払いました。取り組み期間はどちらも1ヶ月、目標株価は3倍でした。買い付け指示が出る日は会員みんながこぞって買い付けるので上がります。それも三日くらいで終わり、私が推奨された銘柄は下がり続けました。下がったままで上がらず、ガマンの限界が来てメールをすると、今は一時的に売りに押されているので待つ時期だと返事。上昇の兆しがあるということで待つことにしました。その後見事に下げ続け、損切りラインに来ても、もう少し、まだ上がるかもしれないというサポートがあり、結果的にはさらに下落した段階で、すいませんでした。代替銘柄を提供するので損切りしてくれとのメールが送られて来ました。二銘柄とも大きな損失。その後代替銘柄が送られて来ましたが、それも大きく下落し損切り指示。ここがよくないと思うのは、下値と取組期間が設定されているのに、平気で、相談もなしに延長することです。大きな機会損失になることなのに平気でもう少し様子を見てみますと言ってきて、その後も大きく株価は下がり、もうどうしようもない段階で、すいませんでしたというメールだけがきて終わりになります。本当の話ですよ。高い金を先に受け取っておきながら、投資は自己責任です、金融法で決まっているので情報料金はお返しできませんという。返せなんて言ってなくても、金融法で守られているからというのがここの心の支えなんでしょう。絶対こういうところを使ってはいけません。
    ~株的中.com~

    恐らく判断が遅くなる理由は、前述した人手不足が原因ではないかと思います。

    人手不足で分析が間に合っていない→下がる銘柄が増える→サポートの手間が増える→ますます分析の時間が取れない、という悪循環に入っているものと思われます。

    【評判③:代表の前池英樹の実力は信頼されている】
    新生ジャパン投資そのものは現状あまり評価されていませんが、代表の前池英樹は高く評価されている傾向にあります。

    前池秀樹推奨の大化け株を教えますって書いてあったから登録したけど、けっきょく有料の情報を買わないといけないのかよ。無料で出てるものはありきたりなものばっかりだしさ。
    ~優良投資顧問ランキングネット~

    前池さんの銘柄はいいですよ。やっぱりラジオやってる人は強いです。
    ~優良投資顧問ランキングネット~

    一人目の方は前池英樹の銘柄という点に惹かれていることがうかがえます。二人目も前池英樹の銘柄は高く評価しています。

    ラジオに雑誌にと多数のメディアで活躍している人ですから、やはりその実力は高い水準にあるということでしょう。

    残念なのは、その前池英樹の銘柄を新生ジャパン投資では受け取る機会がほぼ無いということですかね。

    以上が新生ジャパン投資についてよく見られる評判になります。総合すると、新生ジャパン投資は人手不足が原因で成績が落ちているが、地力は低くないということになります。

    同じように代表の実力の評価が高く人気の「AIP投資顧問」を解説した記事もあるので、興味があれば読んでみてください。

  3. 新生ジャパン投資無料コンテンツの検証

  4. 新生ジャパン投資の人手不足が深刻だということで、いったいどれほどのサービスを抱えてるのか、そのクオリティはどの程度となっているのか、確認していきます。

    まずは毎朝、夕に送られる市況レポートです。

    2021年2月8日、本日送られてきた朝刊がコチラ。

    新生ジャパン投資の朝刊

    世界のマーケット動向、国内のマーケット動向、本日のマーケットスケジュール、無料推奨銘柄にその推奨理由と、濃密そして膨大な情報量です。

    そして夕刊にはさらにさらに膨大な情報量のレポートが。

    新生ジャパン投資の夕刊

    非常に気合のこもった内容で素晴らしいのですが、これを毎日こなしながら、会員の売買サポートを行い、推奨する銘柄の分析を行うなどということが果たして出来るのでしょうか。

    私には銘柄分析やサポートそっちのけで市況レポートを書いているのではないかと思ってしまいます。

    主に無料で提供しているサービスはこの朝刊、夕刊の2つのみとなっていますが、その分力作となっています。

  5. 新生ジャパン投資有料コンテンツの検証

  6. 有料プランには主に3つのプランがあります。

    ☑ 単発契約プラン
    ☑ 期間契約プラン
    ☑ その他の複数プラン

    HPの実績を見ると好成績を残しているようですが、

    新生ジャパン投資の実績

    しかし前述の口コミでは勝率が低いとなじられている様子が見て取れます。これは一体どういうことなのでしょうか。勝てるのか勝てないのか、真相を究明した結果、以下のような口コミを発見しました。

    過去、数銘柄情報買ってみましたが5流顧問です。銘柄選び能力は数万円の手数料取るに値しない、この前は1年前に推奨したことある会社が破産していました。フォローの内容もおかしい。こんな内容のがありました。『買い推奨値からは上げてしまいましたが、どうぞ遠慮なくお買付下さい/株価は待ってはくれません、etc』→そんな乱暴なアドバイスあるか?初心者なんか一撃で含み損だ。結果、株価は待ってくれないところか、長期下げ続けて2年経っても買値に戻らず。『(私は期待にうち震えている、とか何とか煽って)手持ちの塩漬け銘柄はすべて切ってココに資金を移すべき/5倍高のその先の青天井を見据えて、云々』→3年半経っても買い推奨値に戻らず。『(第2目標までしか届いていないが)需給悪化が予想されるのでここで一旦全部利確を推奨します』→調整のあと本格急騰が始まり翌月、推奨時予想値幅のさらに2倍まで高騰。早まって儲けさせそこなってもその後うんともすんとも言わず知らん顔。だいぶ経って、その銘柄を自社成功例として取り上げる時は撤退させた後の高値を出して「3.●倍高を演じましたね」と。2倍も取らせずに撤退させたくせに。★★安くとも5万円とか料金とっておいて、特にフォローはいいかげんにもほどがある!長期低迷すると半年以上なしのつぶて。もしも同社から銘柄買ったら、せめてフォローは無視して売り買いの基本に従ってコツコツ押し目を拾い、短中期売買したほうが儲かるかもしれません。とにかく、情報提供初期には買いを煽り、その後下落が続くと「買付不足の会員様には絶好の押し目が来ました!」などと煽り続けその翌日には何故か急落する、結局そのあとは長い間ジリジリ下がっていく。ラジオ番組では、「買い推奨から3年かかりましたが5倍高つけましたね!私は目を付けるのが早すぎるといつもいわれるんです」とかふざけ半分で自慢する。とにかく最悪です。ご注意。
    ~株的中.com~

    要約すると、撤退指示を出した後の高値を出して「株価○倍」と自社の推奨成功例にしているようです。

    これは…事実であれば、大変な問題だと思います。

    しかし事実でないと掲載実績と口コミの食い違いの説明がつかないのです。

    これ以上は下手に触れると名誉棄損で訴えられるかもしれないので控えておきます。

    次いで「その他の契約プラン」の説明をみると、なんと現在このサービスは停止中だそうです。

    人手不足で手が回っていないことが見て取れます

  7. 新生ジャパン投資まとめ

  8. 新生ジャパン投資は著名なアナリスト前池英樹を代表に据える投資顧問です。

    前池英樹はアナリストとして比較的高い評価を受けていますが、代表という忙しい立場故か分析にはあまり関われていない様子が見て取れます。

    そして実質的に分析を行っているのはたった1名の分析者のみであり、サポートや市況レポートにも手を取られ、あらゆる業務が追いついていない状況です。

    現在は銘柄の勝率が低いことで批判が強い投資顧問となってます。

  9. 新生ジャパン投資サービス・コンテンツ紹介

  10. 新生ジャパン投資のサービス概要を解説します。

    <無料サービス>
    (1)朝刊
    市場営業日の毎朝8時40分頃に配信する【朝刊】では、以下の4つに焦点を当て情報を配信して参ります。

    ▶「世界マーケット動向」
    ▶「本日の国内マーケット展望」
    ▶「本日のマーケットスケジュール」
    ▶「本日の無料推奨銘柄」

    この朝刊をご覧頂くことで、現時点での全体相場の流れの把握はもちろんのこと、即日上昇の見込める銘柄情報も記載してございますので、プロダクトアウトな情報だけではなくマーケットインの観点からも有用な情報となっております。ぜひご活用くださいませ。

    (2)夕刊
    市場営業日の毎夕4時40分頃に配信する【夕刊】では、以下の5つに焦点を当て情報を配信して参ります。

    ▶「本日の東京株式市場おさらい」
    ▶「本日注目銘柄の真相」
    ▶「注目のディーリング銘柄」
    ▶「マーケットアイズ」
    ▶「今夜の世界マーケット」

    この夕刊をご覧頂くことで、現時点での国内マーケット動向の把握はもちろんのこと、個別銘柄の動向までをも網羅した上で、翌営業日のマーケットに向けた知識を蓄えることができる情報となっております。こちらもぜひご活用くださいませ。

    (3)無料銘柄相談
    弊社が抱えるストラテジストが個別銘柄の見通しや最適売買ポイントを無料でご提案致します。保有銘柄や購入検討中の銘柄の今後の値動きをの分析にぜひご活用くださいませ。

    <有料サービス>
    (1)単発契約プラン
    同プランでは、弊社投資顧問契約書面の<E>高山緑星の未来予測銘柄会員に従い、すぐに結果が出せる最重要銘柄情報をご提供します。各会員様に最適なものを高山緑星こと弊社代表前池が厳選してご案内します。ご案内可能となった同プランは全て今週のイチオシ銘柄に掲載されます。

    (2)期間契約プラン
    同プランでは、1ヵ月・3ヵ月・6ヵ月の各契約期間内に「場中も含め、その日突然飛び出した新情報銘柄」、「場中の売買タイミング」などリアルタイムの情報配信に特化する事で利益獲得のチャンスを増やし、できるだけ早い資産増を目指します。詳細はこちらでご確認ください。

    (3)その他の複数プラン 弊社投資顧問契約書面の<A>~<D>及び<F>に関しましては、現在当サイトにおいては募集しておりません。

公式サイトを見る

 新生ジャパン投資の関連記事

新生ジャパン投資の口コミ

▼次の口コミを表示 読み込み中

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください。

新生ジャパン投資の基本情報

新生ジャパン投資

公式サイトを見る

サイト名新生ジャパン投資
サイトURLhttps://shinseijapan.com/
運営会社株式会社新生ジャパン投資
所在地東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目26番2号
運営責任者前池英樹
mailinfo@shinseijapan.com
電話番号0120-965-633

この記事を読んでいる人はコチラの記事も読んでいます