株の学校カブックス

探偵

株の学校カブックス 検証記事

  1. 2020年3月5日追記:株の学校カブックスに財務局から警告

  2. 藤井百七郎を代表とする「株の学校カブックス」に、令和元年6月21日付で東海財務局より警告が出されました。その内容は以下の通り。

    file136

    「東海投資助言サービス合同会社」が金融商品取引業者の登録を受けていない株式会社オープニングベルに名義を使用させ、投資顧問業務を行ったもの。

    また報道によると、株式会社オープニングベルは運営する「株の学校カブックス」の受講生に「東海投資助言サービス合同会社」との契約締結を勧誘していたとのこと。

    まとめると、「株の学校カブックス」は違法な方法を用いて業務提携している他社への勧誘を行っていたということです。

    善良な生徒を食い物にしていたという表現がぴったりですね。株を教えるという名のもと生徒を募り、不審な提携先と契約させるとは、投資業界の信用を失墜させる許しがたい行為です。

    「株の学校カブックス」は以前から経歴詐称を行っている「高橋陽子」を雇用するなど、誠実な運営を行っているとはいいがたい状態でした。

    今回の一件で「株の学校カブックス」は信用出来ないスクールだと証明されたと言っても過言ではないでしょう。 今回の検証対象は、個別銘柄の推奨などを行う投資顧問サイトではなく、セミナーや講座を行う“スクール”系のサイトです。 このスクール系サイトの良い噂はあまり聞きませんが、カブックス・セミナーはどうなのでしょうか? 今回の検証で判明した事実は、

    ☑ 金銭トラブルにて係争中の“ある人物”とのつながり?
    ☑ 無料メルマガで誘導される、全く別物のセミナーの存在?
    ☑ 被害報告とみられる、信憑性の高い口コミの数々?

    口コミに関しては、どのスクール系サイトも悪評が多く、罵詈雑言のようなものばかりですが、今回発見した口コミは非常に信憑性の高いものでした。 そして、それを裏付けるような“ある人物”との繋がりです。 この人物には実績の偽装の疑いまでもが発覚しています。

    そしてメルマガではその人物の行うセミナーへの誘導も行っているのです。
    検証を進める程に、信用を失っていくように見えるカブックス・セミナー運営事務局。 皆様も是非、ご自分の目でお確かめください。




  3. 株の学校カブックス特徴・運営方針

  4. 株式投資が未経験という方でも、株式投資の知識を身につけて資産を増やすことを目的としています。そのために、株式というものは何なのか、どうやって投資したらいいのか?というノウハウを習得します。

    すぐに実践できる役立つ藤井流の投資術を身につけられるように、スクール・セミナーを開催しています
  5. 株の学校カブックス商品の概要、サービスの説明

  6. (1)無料コンテンツ

    ・株ライブメルマガ
    毎朝プロからワンポイントアドバイスが届くメルマガです。

    ・無料体験講座
    株式投資をゼロから始めたい人向けの講座です。基本的な考え方を覚えることで、安心して株式投資ができる土台を作ることが出来ます。

    ・藤井 百七郎のオフィシャルブログ
    翌日の相場展望などを解説するブログです。

    (2)有料コンテンツ

    ・ウェブ講座 月額 9,800円~
    藤井 百七郎氏の投資法をより具体的に学べる講座です。

    ・対面授業 月額 50,000円~
    藤井 百七郎」氏がマンツーマンで徹底指導します。

  7. 株の学校カブックス無料コンテンツを検証

  8. 藤井氏の公式ブログですが、内容の薄さに少々驚きました。僅か5秒程度の動画と共に相場動向の解説をしています 。 この様な内容を動画講座で行っているのであれば、あまり利用価値は感じませんね。

    登録したメルマガですが、送られてきたものは、「ジャパンインベストスクール」というサイトのメルマガが送られてきました。全く関係のない有料セミナーの勧誘を長文にて送り付けてきます

    この「ジャパンインベストスクール」のHPを確認すると、藤井氏はもちろんですが多数の個人投資家が講師としてセミナーを行っているようです。 その中に、話題の投資家「ウルフ村田」氏も在籍しています 。

    彼女はメディア等にも取り上げられている為、ご存知の方も多いのではないのでしょうか? この「ウルフ村田」氏ですが、株式投資で2億円の利益を上げているとのこと。実はこの方、金銭トラブルを起こし現在は係争中なのです。

    2016年5月の裁判では、「2億円の収益を得ているということはマスコミが吹聴したものであり、被告が自称したものではない 」と証言しています。

    file136

    ではこの、自身が販売するDVDのタイトル はどう説明するのでしょうかねぇ・・・

    file136

    この様な架空の実績を掲げ、メディアに出演しセミナーの参加者を募っているのでしょう。 ここに在籍する藤井氏も同じようなことを行っているのでは? と疑わざるを得ませんね。

  9. 株の学校カブックス有料コンテンツを検証

  10. 有料で行われる2つの講座ですが、HPからは詳しい内容は読み取れません。 別途お申込みいただいた方のみと注意書きがしてありますが、申し込みをするページもなく、無料セミナーの参加者のみが申し込み可能なようです。

    この様な運営を行うセミナーやスクール系の悪徳サイトでは、かなりしつこい勧誘や洗脳に近いことを受けた、という被害報告が多いですよね。 ここはどうなのでしょうか?

    HPでどのような講座が行われるのかが全く確認できないセミナーに参加しようとは思えませんが、掲載されている写真には多数の参加者がいる様子が確認できます。

    無料コンテンツの検証でご説明した、「ウルフ村田」氏とのどの程度繋がっているのかは不明ですが、嘘つきと同じサイトで活動しているのでは 、信用できるとは思えませんね。

    この有料講座の検証を行うには、実際の利用者の方の口コミが重要になってきます。 今回私はその口コミにて、かなり有力な証言を見つけました

    詳しくは後程の口コミ検証にてご説明いたしますが、この事実か本当ならば相当な悪徳サイトと言えるでしょう。

  11. 株の学校カブックス登録可能なコンテンツの紹介

  12. 無料メルマガに登録して送られて来るのは、いくつかのセミナー勧誘です。 メルマガのタイトルには「早くも大反響」の文言がありますが、私と同じ時期にメルマガ登録した方がどのくらいいるのでしょうか?

    気になった私は、少し期間を開け、違うメールアドレスで登録を行いました 。 そうすると全く同じように別のセミナーについて「早くも大反響」と送られてきます。 いつ登録しようとも、大反響を受けているメルマガ、一体どういうことでしょうか?

  13. 株の学校カブックスサポート体制を検証

  14. セミナーを行う講師陣の紹介ページがありますが、経歴を確認するととてもプロとは言い難い方々です。

    ・「高橋陽子
    経歴は電機メーカー、アパレルメーカー勤務を経て株式投資に出会った。 とありますが、藤井氏と出会ったことで講師を務めるようになったようです。 私にはとてもじゃありませんが講師を務めるような経歴には思えませんが如何でしょうか?

    ・「河端啓吾
    この方も藤井氏に出会い、その手法を身に付け藤井氏に認められた。 とありますが、私にはその経歴はほとんど素人にみえます 。 講師と言える経歴は何もありません。 この講師陣をみて、利用したいと思った方いますか?

  15. 株の学校カブックス口コミ情報を調査!

  16. 有料コンテンツの検証時に発見した口コミです。少し長いですがとても貴重な証言のため、全文掲載させていただきます。

    口コミ:「友人を連れてカブックスのセミナーに行ってきました。 四時間の講習の内容は株の勉強というよりカブックスの有料会員にする宣伝でした。 無料セミナーで学べるものはないと確信 私ならカブックスの講習株に関する説明なら15分で詳しく説明出来るほどのものでした。 セミナー最後に用紙に住所名前メールアドレスを記入 有料会員にはなりませんでした  その後関西方面からの怪しい電話が友人と私にしつこくかかってくるようになりました。いちばんしつこいとこの 電話は※※※※※※※※※※ カブックスさんは関西方面に拠点 有料会員に登録しない人の情報を流してるとしか思えません 最悪です

    如何でしょうか?非常に詳しく実際のセミナーの情報が投稿されていますね。 掛かってくる電話番号まで載せてしまう程に、怒りを覚えたのでしょう。大丈夫です、その思いは私に伝わっています。 私にはこの口コミが一番信憑性のある投稿に見えました。

  17. 株の学校カブックス会社所在地を検証

  18. 会社所在地を確認すると、マンションが見つかりました。 賃貸情報を確認すると、1ルームのようです。 まさか、こんなところに投資スクールの事務所があるのでしょうか? 信じたくはないですが、あの口コミの信憑性が増すような事実に驚きます。
    公式サイトを見る

     株の学校カブックスの関連記事

    株の学校カブックスの口コミ

    口コミ投稿フォーム

    注目マークを表示する場合は「ON」にしてください。

    この記事を読んでいる人はコチラの記事も読んでいます