相場師朗の評判

探偵

相場師朗アナリスト

相場師朗
アナリスト名相場師朗
肩書きプロトレーダー
所属サイト名株塾
所在地不明
MAIL不明
TEL不明
所属サイトURLhttps://aibashiro.jp/kabujuku/

相場師朗は株式投資のチャート分析技術を教えている人物です。主に自身が主催するセミナーや投資塾で講師として活動しています。

ネット上では頻繁に広告を目にしますし、多数の株に関する書籍を出版していることもあって知名度はかなりある人物だと思いますが、その知名度に反してメディアで取り上げられたりSNSで話題になったりということがほとんどない人物でもあります。

そんな相場師朗の世間からの評判や彼の講義の具体的な内容について、相場師朗が一体どのような男なのか解説致します。

  1. 相場師朗最初に世間に現れた時の話

  2. 相場師朗はいつの間にか一部界隈の有名人のようなポジションについていましたが、最初に世間の目に触れることとなったのは一体いつ、どのような形だったのでしょうか。

    一番最初は2013年、情報商材販売会社の「ウイニングクルー株式会社」経由で情報商材「7step株式投資メソッド」を販売したのが世間に知られた最初です。

    相場師朗はこの時はまだ無名の「誰これ?」という状態で、当時詐欺的な投資系情報商材が流行っていたこともあって、あまり相手にはされていませんでした。

    実際「7step株式投資メソッド」の評判も、書いてある内容こそ間違ったものではないが値段が高すぎるとのことで肯定的な意見は少なかった印象です。

    相場史郎のノウハウは悪くないと思うが、最近何十万円もするような教材を出したと知って心配している。彼のノウハウは2000円以下の書籍でも十分伝わるからだ。わざわざ書籍に練習問題までつけてあるし。DVDで何十万も出す必要はないだろう。

    その後ウイニングクルー名義で2015年にラジオNIKKEIの番組「相場師朗の株塾」がスタートし、数々の情報商材の販売、投資戦略フェアへの出演などを経て、今の地位に納まったというのがこれまでの軌跡です。

    要するに相場師朗はウイニングクルー株式会社という投資商材販売会社が担ぎ上げた神輿…とまでは言いませんが、ウイニングクルー株式会社広告塔としてデビューした人物なのです。

  3. 相場師朗教えていることは価値があるのか?

  4. 相場師朗は情報商材会社が商品を売るために用意した広告塔だという話をしましたが、ではこの相場師朗が教えているチャート分析手法は実際に有効なものなのでしょうか。

    その答えは、実際に有効な内容もある、とされています。というのも相場師朗が主に教えているうねり取りは昔からある伝統的な技術であり、現代でも愛用者は一定数存在しているからです。

    しかし相場師朗が教えているオリジナル手法の「ショットガン投資法」や「ショートトレード」は懐疑的な声が出ています。

    相場師朗はチャートを研究して”感覚を身に付け”れば未来の株価が予測出来るとしているのですが、その感覚的な判断を習得するのが一筋縄ではいかず、受講者の中には手こずっている方もいるようです。

    またその感覚というものは本当に身に付けられるものなのか?ただの机上の空論、チャートを見ながらの後付け解説に過ぎないのでは?という意見もあり、相場師朗に対して否定的な考えを持つ投資家がいることも事実です。

  5. 相場師朗講義を受ければ勝てるようになるのか

  6. 相場師朗のセミナーや株塾の生徒でも、講義を受けたからといって勝てるようになるわけではないと言います。

    というのも、相場師朗が教えていることは特定の相場での戦い方の一つでしかないからだと。

    相場師朗氏の手法はうねり取りだったと思うが、儲け方を教えているのでは無く、数ある相場のやり方の一つを教えてるだけです。例えると元プロ野球の投手が子供に変化球の投げ方を教えてるに過ぎないです。それでプロに成れるか成れないかは本人次第でしょう。大抵プロにはなれません。ということはセミナー受けても大抵儲かるようにはなりません。まあ、全く相場のやり方を知らない人がやり方を知ることが出来るのはそれはそれで価値があるかもしれません。
    引用元:知恵袋

    相場師朗の教えている手法が通用しない相場になれば勝てないし、これからどんな相場になるかをコントロールすることもできない。

    つまり運よく勝てる相場が来ないと意味がないということです。

    また相場師朗はトレード手法を身に付けるために膨大な努力を要求します。ペイント練習と呼ばれるチャート分析の勉強を2000回、3000回と行うように言うのですが、その要求についていける人がかなり少ない。

    修得が非常に困難ということです。

    こうした二つの理由で、講義を受けても勝てるようになるわけではないと言っているようです。

    株塾の評判について調べた結果でも、株塾の授業に満足している人は少数派だと判明しています。

    難度の高い局面を攻略したからと言って、ものすごい報酬が待っているとはいえないからねえ。
    アホでも取れるものでよりとっていきたい。
    引用元:5ちゃんねる

    それな、株塾あるある メッチャ苦しくても耐えて頑張ったのに 結果あんまとれてへん 
    引用元:5ちゃんねる

    必死な想いで身に付けた技術を駆使して、難しい局面を何とか乗り越えて、得られる利益はほんのわずか株塾はコスパの悪いスクールだと言われています。

    今多くのトレーダーの間で話題となっている「循環物色アナライザー」のような、AIを活用して負担を減らしながら利益を伸ばすサービスがある今、株塾に入るメリットがあるのか…。

    株塾の参加を検討している人はよく考えることをお奨めします。また循環物色アナライザーについて解説した記事もあるので、よければこちらもご覧になってみてください。

    >>循環物色アナライザーとは?

  7. 相場師朗世間の投資家からどう思われているのか

  8. 相場師朗は多くの投資家からはほとんど相手にされていません。セミナー屋と呼ばれる、ノウハウを教えてお金を稼いでいる人だと認識している人が多いのではないでしょうか。

    ラジオに株塾、セミナー、講演、書籍の執筆、とても自分で株をやる時間なんてないだろうし、株をしなくても相当儲かっているはず。

    彼はもうトレーダーではないとする見方が強く、そうなると投資家からはあまり相手にされなくなるというわけです。一般的なメディアに出る機会もほぼありませんしね。

    私としては、株で勝ちたいのなら相場師朗の講義を受けるより、高騰期待銘柄を教えてくれるソフト、循環物色アナライザーを理由したほうが圧倒的に利益に繋がると思います。

 相場師朗の関連記事

相場師朗の口コミ

▼次の口コミを表示 読み込み中

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください。

相場師朗アナリスト

相場師朗
アナリスト名相場師朗
肩書きプロトレーダー
所属サイト名株塾
所在地不明
MAIL不明
TEL不明
所属サイトURLhttps://aibashiro.jp/kabujuku/

この記事を読んでいる人はコチラの記事も読んでいます