WSC 日米の上昇期待銘柄を探し出すAIの評判

探偵

WSC(World stock choice)検証記事

WSCサムネイル

WSCが選び出す相場と連動する銘柄とは

評価良い



WSC(World stock choice)日本株・米国株の値上がり期待銘柄を探し出す株式投資専用AIです。

相場と値動きが相関、逆相関にある銘柄を分析することで、活況不況の全てを利益にすることが出来ます。

では実際に相場と連動して値上がりした銘柄の場合を見てみましょう。

以下は米国の住宅建設関連銘柄の指標と、住宅建設機器を扱うトプコンです。

☑ 米住宅建設関連銘柄の指標チャート
米住宅建設関連銘柄の指標

☑ トプコンのチャート
トプコンのチャート

トプコンは米国の住宅建設企業に検査機器を販売しているため、米住宅市場が活況であればトプコンの株価も連動して上がる場合があります。

このように相場と連動して株価上昇する銘柄を分析するのがWSCです。

逆に相場と値動きに逆相関がある銘柄、例えば悪相場でのディフェンシブ銘柄、コロナ禍でのワクチン銘柄のような相場と逆の動きをする銘柄も選び出します。

WSCはこうしてあらゆる状況での利益獲得を狙うのです。

WSCが予想する次の値上がり候補銘柄はコチラ

  1. WSCなら大化け銘柄に投資出来る可能性も

  2. WSCの選び出す銘柄は特定の条件を満たすことで大化けする可能性を秘めています。

    その条件とは「業績などの上昇要因」「大口、機関投資家の資金流入」です。

    以前半導体のテーマが世界的に盛り上がった時、米国の大口投資家は半導体不足に関連する銘柄を物色しました。

    この時目を付けられたのが日本株のレーザーテックです。

    レーザーテックは半導体製造装置に組み込む検査装置を扱っており世界シェアがほぼ100%。半導体の生産需要が伸びればレーザーテックの需要も必然的に伸びるとの思惑です。

    結果的に業績好調と資金筋の介入により、半導体が不足し始めた2020年から見てレーザーテックは株価7倍強となりました。

    ☑ レーザーテック
    レーザーテックのチャート

    この時期の半導体株価指数とも言われるSOX指数のチャートがコチラ

    ☑ SOX指数
    SOX指数

    SOX指数は米国株で構成されているのでレーザーテックの株価と直接は関係ありませんが、両者の間には明らかに相関関係があります。

    このように「業績などの上昇要因」+「大口、機関投資家の資金流入」を満たす相場との連動銘柄を見つけることが出来れば、7倍を超える資金増加も見込めるのです。

    >>次の大化け銘柄をWSCで探す

  3. 日米市場の分析で個別株の値動きを予測

  4. WSCは日米市場と個別株の相関を分析しています。

    日本の市場が米国株へ与える影響、米国市場が日本株へ与える影響など、日米横断の分析を行います。

    故に米国市場と連動する日本株のトプコンやレーザーテックのように、国をまたいだ広い範囲で期待銘柄を探すことが可能です。

    さらに
    相場が上がる→株価が上がる
    相場が下がる→株価が上がる

    のように相関関係だけでなく逆相関の対象もAIによって高精度で解析します。

    どんな相場状況でも上がる銘柄を探し出せるサービスと言えるでしょう。

  5. WSCの提供モデル

  6. WSCは選び出す銘柄の内容によってモデルが分かれています。

    本項ではWSCのモデルを全て紹介致します。

    ☑ WSシルバー
    利用可能期間:契約から1日
    銘柄抽出頻度:1回
    抽出銘柄数:5銘柄
    料金:600,000円

    日本株・米国株市場の両方を分析し、材料による大化け期待の株をそれぞれの市場から1株ずつ抽出します。

    ☑ WSゴールド
    利用可能期間:30日~
    銘柄抽出頻度:週1回
    抽出銘柄数:5銘柄/1回
    料金:1,000,000円~

    日本株・米国株市場の両方を分析し、その時々による市場テーマに沿った短期上昇期待の株をそれぞれの市場から1株ずつ抽出します。

    ☑ WSプレミアム
    利用可能期間:180日~
    銘柄抽出頻度:週1回
    抽出銘柄数:6銘柄/1回
    料金:5,000,000円~

    日本株・米国株市場の両方を最新AIが徹底分析!! 世界の株式マーケットの潮流を完全網羅する事で、日本株だけでも米国株だけでも成し得ない究極の株式投資を実現しましょう!

    ☑ WSスタンダード
    利用可能期間:30日~
    銘柄抽出頻度:週1回
    抽出銘柄数:5銘柄/1回
    料金:200,000円

    日本株・米国株市場の両方を分析し、短期スイングトレードに最適の株をそれぞれから1株ずつ抽出。

    ☑ USチョイス
    利用可能期間:契約から1日間
    銘柄抽出頻度:1回
    抽出銘柄数:3回
    料金:80,000円

    キャピタルゲイン・インカムゲインなど大きなトータルリターンが期待できる米国株を抽出。

    ☑ ジャパンチョイス
    利用可能期間:契約から1日間
    銘柄抽出頻度:1回
    抽出銘柄頻度:3回
    料金:50,000円

    米国市場の分析により導かれる日本株を抽出。中長期的な上昇が期待できます。

  7. WSCの使い方、サポート体制

  8. WSCはワンクリックで今買うべき銘柄を選び出すことが出来ます。

    内蔵されたAIには各モデルごとにチューンナップされたアルゴリズムが最初からプログラムされているので、スクリーニング条件などを設定する必要はありません。

    またWSCには電話、LINEによるサポートが用意されているので、わからない部分は質問することが出来ます。

  9. WSCのまとめ

  10. WSCは相場と連動して値上がりするであろう日米銘柄を選び出す株式投資専用AIです。

    時には世界的人気テーマなどの大相場を形成する中から、一握りの大化け候補株を選び出すこともあるかもしれません。

    肝心の上がる銘柄を選べる理由こそ日米市場の強い相関性を代表とする、指標と銘柄の間にある連動性です。

    国内株は米国株から自立できないと嘆く方もいますが、もはや米国経済、米国株と完全に独立している国こそ世界的に見ても稀、いや存在しないでしょう。

    むしろこの切っても切り離せない相関関係、連動性を利用してより確実に、より大きな利益を取りに行く方が正しい投資だと感じます。

    今後の市場動向と連動して株価上昇していく銘柄は一体何なのか、WSCの分析から目が離せません。

公式サイトを見る

WSC(World stock choice)の口コミ

▼次の口コミを表示 読み込み中

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください。

WSC(World stock choice)の基本情報

WSCサムネイル

公式サイトを見る

サイト名WSC(World stock choice)
サイトURLhttps://ai-trade-system.com/
運営会社株式会社Growing
所在地東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟28階
運営責任者川島健太
mailinfo@ai-trade-system.com
電話番号03-6457-8168