ウルフ村田とは何者?経歴、実力を徹底調査!

探偵

ウルフ村田アナリスト

ウルフ村田
アナリスト名ウルフ村田
肩書き金融トレーダー
所属サイト名ジャパンインベストスクール
所在地東京都千代田区神田須田町1-34-4
MAILsupport@j-i-s.info
TEL03-5295-7107
所属サイトURLhttp://j-i-s.info/
  1. ウルフ村田の人生年表

  2. ウルフ村田の人生年表を作成しました。

    1969年7月20日 生誕(名古屋)
    1975年 東京に移住
    1982年 桜蔭中学校高等学校入学
    1989年 東京大学経済学部経済学科 入学(恐らく文科二類の事)
    1990年 家庭教師のバイトで貯金1000万到達
    1993年 東京大学を首席で卒業
    1993年 日本長期信用銀行入行
    1998年 長銀破綻
    1998年 ミニチュアダックス「リエちゃん」♀を飼う
    2000年30歳 長銀退職
    2000年 キャバクラで働く
    2002年 田町のスナックでホステスをする
    2006年 株式会社ベルペトロ設立
    2007年 オイル関係ベンチャー企業「コノコフィリップス社」顧問
    2009年 スナック「リッチマン」で男性Nと知り合う
    2010年 株式会社サクセスワイズ設立
    2010年 男性Nからサクセスワイズの運転資金として1400万を借りる
    2011年 「健康安心なび」サービス開始
    2011年 ICT復興支援国際会議にて大津山訓男と出会う
    2013年 大津山夫妻から約5000万借りる(訓男氏3000万、妻2000万)
    2013年 テレビ番組「クローズアップ現代」に出演
    2014年 テレビ番組「サンデー・ジャポン」始め15本以上に出演、大ブレイク
    2014年 大津山訓男氏に3000万借金返済訴訟を起こされる
    2014年 ウルフ村田が大津山氏をSNS上で誹謗中傷
    2014年 大津山氏がウルフ村田を名誉棄損で刑事告発
    2015年 ミニチュアダックスの「リエちゃん」17歳で大往生
    2015年 優待投資家の桐谷さんからウルフ村田の衰退を断言される
    2015年 大津山訓男氏との裁判に敗訴。3000万円の支払い命令が下る。
    2015年 3000万借金返済訴訟で口座残高が1万6千円であることが判明
    2015年 大津山訓男氏との3000万借金返済訴訟で年収2億が嘘だと判明
    2016年 『おひとりさまの「肉食」投資術』初版発行
    2016年 男性Nに1400万借金返済訴訟を起こされる
    2016年 男性Yに4300万円の借金返済裁判を起こされる
    2016年 Nuts事件勃発
    2016年 1つ目のTwitterアカウント凍結
    2017年 アンジェス事件勃発
    2017年 大津山訓男氏との誹謗中傷裁判に敗訴。懲役6か月、執行猶予3年の有罪判決
    2018年 男性Yとの4300万円借金返済裁判にて、3000万円の返済で和解が成立
    2018年 男性Nとの1400万円借金返済裁判にて、250万円の返済で和解が成立
    2018年 ニチダイ仕手株作戦
    2018年 サンバイオ事件勃発
    2018年 RVHに関する虚偽投稿で訴訟を起こされる
    2019年 RVHに1100万円の和解金を支払い和解成立
    2019年 何らかのトラブルを起こすも高沢健太紹介のヤクザを使って3150万円で解決
    2019年 高沢健太から解決料として1億円請求されTwitter上でパニック発作を起こす
    2019年 高沢健太と喧嘩、絶縁
    2020年 ウルフセミナー運営会社「合同会社ゲンキ」の社長ら逮捕
    2020年 ウルフの旧友「KAZMAX」逮捕
    2021年 ウルフの仕手仲間「トンピンフィナンシャルグループCEO」逮捕
    2021年 「THEウルフ」を発売
    2021年 マーチャント事件勃発
    2021年 アジアゲート事件勃発
    2021年 廣済堂事件勃発

    多くのファンを持つ反面、



    「詐欺師で悪人」とまで言い放つ人物がいる矛盾に納得できるはずです。



    ウルフ銘柄で話題となった急落事件は何がある?

    株関係者の逮捕や訴訟問題はどうなった?

    などなど解説付き大ボリュームの完全網羅経歴書となっています。

  3. ウルフ村田の経歴~桜蔭中学校高等学校入学~

  4. ウルフ村田と言えばその才女っぷりが特徴の一つ。

    桜蔭中学校高等学校は女子御三家と呼ばれる名門で、東大合格者の多い高校トップ10に15年以上入り続ける全国屈指の教育レベルを誇ります。

    そんな学校に通うだなんてウルフ村田の家系はただものではないと想像出来ますよね。

    噂によると祖父が中央大学法学部主席卒業、父が三菱重工のお偉いさん、叔父が東証のお偉いさんだとか…。

    父親に関してはウルフ村田の返金訴訟における訴状を東京地裁で閲覧すれば氏名が確認出来ます(一度父に対しても返還請求裁判が起きているため)ので、そこから辿れば噂の真相の一端に触れることが出来るかもしれません。

  5. ウルフ村田の経歴~東京大学入学から主席卒業~

  6. 桜蔭中学校高等学校の名に恥じぬよう、見事東京大学への入学を果たしたウルフ村田。

    入学したのは経済学部経済学科とよく書かれていますが、東京大学では文系の場合文科Ⅰ類~Ⅲ類のいずれかに入学し、そこから各学部に振り分けられることになります。

    厳密には経済学部への入学という表現は間違いです。

    話が横道に逸れましたが、ウルフ村田は入学後その学歴を活かして家庭教師のアルバイトに邁進します。

    そしてなんと在学中に貯金1000万円を達成したとのこと。東大生の一般的な自給相場は2500前後~5000円程度。時給5000円だったとしても2000時間はかかる計算です。

    この頃からウルフ村田のバイタリティーが伺えますね。

    その後東京大学経済学部経済学科を主席卒業。本当に主席卒業なのか?という疑惑がありますが、そもそも東大に主席なんてものは存在しないので否定も肯定も出来ません。

    学部長賞や総長大賞を受賞したということで主席を名乗っているのかもしれませんが、その場合は氏名が刻印された記念のメダルなどを貰えます。

    村田美夏の名前の入った記念品が公開されれば主席は事実だと一応言えるのではないでしょうか。

    逆にそうであればウルフ村田が何故公開しないのかは謎です。

  7. ウルフ村田の経歴~日本長期信用銀行、入行~

  8. ウルフ村田もついに社会人。気合に満ちていたことと思いますが、そんなウルフ村田を不幸が襲います。

    なんと入行から5年後の1998年秋、長銀は不動産バブル崩壊と主に経営破綻。

    誰からも称賛されるエリート街道がいきなり途切れてしまったのです。

    このタイミングでミニチュアダックスフントの♀リエちゃんを飼い始めます。精神的に不安定になり癒しを求めたのでしょうか。

    ちなみにNTTドコモの株売却益で買ったそう。

    またまた話がそれましたが、この破綻を境にウルフ村田はディープでおどろおどろしい夜の世界へと身を堕とすことになるのです。

  9. ウルフ村田の経歴~キャバクラ勤め~

  10. 長銀破綻後、ウルフ村田はキャバクラで働き始めます。

    理由はお酒が好きだからということと、一度やってみたかったからの二つ。破天荒ここに極まれりです。

    しかもキャバクラでも店No1を取ったとか。

  11. ウルフ村田の経歴~スナック勤めと借金~

  12. キャバクラの後今度はスナックに戦場を移したウルフ村田。

    なぜスナックに変えたのかは不明ですが、元キャバ嬢の方のブログを拝見すると「30を超えると周りが若い子ばかりで精神的にきつくなる」とありました。

    ウルフ村田がキャバクラで働き始めた時点で既に30歳。ウルフ村田も例外ではなかったのかもしれません。

    しばらくしたのち、ウルフ村田は田町のスナック「リッチマン(廃業済み)」にて出会った男性A(当時73歳)から、健康に関する販促PR会社の運転資金として1400万円を借り受けます。

    このPR会社というのがウルフ村田が代表を務める株式会社サクセスワイズ。

    ウルフ村田によると、株式会社サクセスワイズはリッチマンにて出会った元富士通勤務の男性Mの指示の元立ち上げた会社だったようです。

    起こした事業は「健康安心なび」。健康生活に関するレシピや店舗を紹介するWEBサイトでした。

    株式会社サクセスワイズの立ち上げを機にウルフ村田はスナックのホステスから足を洗ったのだと男性Aは語ります。

    ウルフ村田のはてなブログを読むと、この頃は本気で食や健康に関連した仕事に取り組んでいたことがわかります。

    はてなブログの記事へのリンク①

    はてなブログの記事へのリンク②

    この仕事ぶりを見れば男性がウルフ村田を信用し運転資金を貸すのも決しておかしくはありません。

    後々この1400万円は返済を求める訴訟へと発展するわけですが、貸し借りがあった時点では悪意などどこにもなかったのではないかと私は思います。

    加えて2011年にICT復興支援国際会議(仙台)で出会ったITコンサルタントの大津山訓男氏及びその妻からも多額の借り入れを行っているのですが、この時も健全な事業支援であったのではないかと思います。

    このまま夜の世界から足を洗い健康関連事業で第二の人生を生きていくのかと思われたウルフ村田ですが、人生を180度ひっくり返すとんでもない転機が訪れます。

  13. ウルフ村田の経歴~タレントデビュー~

  14. ウルフ村田が2011年に株式会社サクセスワイズにて開始した食と健康の販促サービス「健康安心なび」。

    テレビ番組「ワールドビジネスサテライト」でも取り上げられるほど熱心に取り組んでいたようですが、運営状態は芳しくありませんでした。

    男性Aからの出資金を運転資金に当てつつ頑張っていたものの、陣頭指揮を執っていた男性Mが富士通を退職し県庁に就職したことで事業は頓挫。

    2013年、突如としてウルフ村田は「東大卒の元キャバ嬢トレーダー」としてテレビ番組に出演し始め、健康関連サービス事業がぱったりと停止。

    食と健康の会社を頑張っていたはずが、なぜか破天荒なキャラクターと異様な経歴を持つ年収2億の凄腕トレーダーとしてテレビで活動し始めました。

    さらにこの時期にはITコンサルタント大津山訓男夫妻への重度なる借り入れ額は総額で訓男氏から3000万円、その妻から2000万円にまで膨らんでいたようです。

    ウルフ村田が食と健康に関して綴っていたブログも2012年を境にぱったりと更新が途切れてしまい、今皆さんが良く知るウルフ村田の原型がこの時誕生したのです。

    翌年の2014年にはバラエティー番組を中心として15本以上に出演。一世を風靡したのでした。

  15. 3000万円の借金裁判の経緯と顛末

  16. 人生の舵を健康関連事業からトレーダータレントに振り切ったウルフ村田。とりあえずは大成功し順風満帆に思えました。

    しかし同年2014年、ウルフ村田がテレビ界から姿を消すこととなる、決定的な事件が起きます。

    2014年、ウルフ村田はついに大津山訓男から、貸した3000万円を返すよう請求裁判を起こされてしまったのです。

    ここでウルフ村田にも何か言い分があれば主張すればよかったものを、なんとウルフ村田は裁判を欠席。

    自動的に3000万円の支払いが確定してしまったのです。

    しかしウルフ村田にとって本裁判はこれで終わりませんでした。

    判決によって口座を差し押さえられた結果、なんと中にはたった1万6千円しか入っていなかったことが知られ、それを傍聴人らによって世間に暴露されてしまったのです。



    ウルフ村田はその理由について問われた際、テレビ出演の時散々キャッチコピーにしていた「年収2億」はメディアが勝手に吹聴しただけと話し、年収2億が嘘であると認めてしまったのです。

    凄腕のカリスマトレーダーという肩書が一瞬にして虚構だとわかり、メディアは手のひらを返したようにウルフ村田をバッシングし始めました。

    これによりウルフ村田のテレビ出演はピタッと止まり、テレビタレント人生が幕を閉じたのでした。

  17. 名誉棄損の経緯と顛末裁判

  18. ウルフ村田と大津山氏は3000万円裁判の裏で、別件の裁判でも争っていました。

    大津山氏が3000万円の請求裁判を起こした直後、ウルフ村田がSNS上で「大津山はJKを強姦しようとした」などと多数の事実無根の書き込みを行ったことで、名誉を棄損されたとして大津山氏が刑事告発したのです。

    本裁判はウルフ村田の奇行が大々的にメディアで取り上げられた非常に有名な裁判ですね。

    奇行の一例として、生年月日を尋ねられた際に「19シックスナイン 7月20日生まれ」と発言したり、勝手にべらべらと話して裁判長はおろか自分の弁護士に叱責されたり。

    その常軌を逸した言動は「ウルフ村田は頭がおかしい」というフレーズを世に知らしめました。

    当然ながらこの裁判はウルフ村田の敗訴。懲役6か月、執行猶予3年の有罪判決で幕を閉じたのでした。

  19. 1400万円借金裁判の経緯と顛末

  20. 大津山氏の請求裁判を皮切りに、続々とウルフ村田に借金の返済を迫る裁判が起こされました。

    その内の一件がこの1400万円請求裁判。

    ウルフ村田がスナック「リッチマン」で出会った男性Aから、株式会社サクセスワイズの事業「健康安心なび」の運転資金として1400万円を受け取ったのが事件の発端。

    男性Aは出資ではなく貸金なので返済義務があると主張し、それに対しウルフ村田は出資の名目で貰ったものなので返済義務はないと反論。

    男性Aは一度も出資金として渡したことは無いと主張し、それに対しウルフ村田は借用書の作成を要求されたことが一度も無い、と反論。

    こうして平行線をたどった本裁判ですが、最終的に250万円の支払い命令で結末を迎えました。

  21. 4300万円借金裁判の経緯と顛末

  22. 今度はウルフ村田の父親も巻き込んだ借金裁判です。

    概要:ウルフ村田とその父親に対して貸し付けた4300万円が返済されないとしてN県のY氏が訴えた事件。

    こちら裁判途中の経過がわからないので割愛させていただきますが、最終的に4300万円の内3000万円を和解金として支払う義務があるとする判決で終えたようです。

  23. ウルフ村田が嵌め込み?「アンジェス事件」

  24. ウルフ村田がTwitter上で「アンジェスは1,000円いかなかったら死にますわ」「アンジェスは1000円までは保証する」などど語り多くの投資家のアンジェス購入を煽った後、アンジェス株が急落し多くの投資家が損失を負った事件。



    ここまではっきり断言しておいての急落。多くの投資家が絶望したことでしょう。

    しかし注意しなければならないのは、ウルフ村田が最初に煽った直後から見ればちゃんと値上がりして利益を取れているということです。

    買うタイミングが早かったものは天国を見たわけですが、遅かったものは地獄の底を見ることになりました。

    <↓ウルフによるトドメの仕打ち>

    なんと下がった途端いきなり「200円から800円で資産形成してくれと何度もお願いした」と言い始めたのです。

    大損した上にこの手のひら返し。それでもウルフ村田を攻めることは出来ないのです。

    そうでなくてもウルフ銘柄はウルフ村田自身の発言やイナゴたちにより株価が不可解な動きをしがちですから、特に初心者は心して取り組んだ方がいいでしょう。

    そういった株価を読み解くのが苦手、まだ無理だという方は安定した株価上昇を狙える銘柄を大人しく選んだ方がお互い不幸にならずにすみます。

    綺麗な右肩上がりをする銘柄を多数紹介している銘柄選別サービス、グローイングAIなどやはり多くの方が利益を取れているようですから。

    難しい銘柄よりも自分が利益を取れる銘柄で資産形成するのが吉です。

  25. ウルフ村田がまたも嵌め込み?「サンバイオ事件」

  26. これもアンジェス事件とほぼ同じ内容です。

    ウルフ村田はTwitterにてアンジェスを「明確に波動を感じる銘柄」と紹介しました。

    この文言はウルフ村田が以前よく使っていた定型文で、「機関・大口の参入が読み取れるのでまだ上がりますよ」という意味を含んだ銘柄紹介の一つとされています。

    file136

    こうしてまたもや買い煽りを行い、しばらくは順調に値上がり。

    しかしまたもやその直後にアンジェスの株価が急落。



    file136

    急落前日にまで煽っていますから、本当に悲惨な高値掴みをした方も多いはず…。

    そんな哀れな投資家を冷淡に突き放すウルフ村田。


    file136

    「高値では絶対に買うなと連呼していた」、「(買うなという発言を)聞いてない人間のことは知らない」と発言。

    これを言われた方の悔しさを思うと、私もどうにかなってしまいそうです。

  27. ウルフ村田またまた嵌め込み?「Nuts事件」

  28. Nutsはウルフ村田が「豆」と呼称していたウルフ銘柄の一つです。

    月刊ウルフにて紹介されたNutsがその後上場廃止となり、これもまた多くの投資家が損失を出した事件です。

    アクセスジャーナルでも取り上げられるなど世間的に有名な事件です。



  29. ウルフ村田が嘘ツイート「RVH訴訟」

  30. ウルフ村田がTwitter上で「RVHにガサ」などと投稿し、RVHから名誉棄損で訴訟を起こされた事件。

    解決金は1100万円となったようですが、これに関し以下のような噂話が流れています。

    「ウルフ村田が和解金の肩代わりを依頼した契約会社から契約を切られた」

    借金裁判の際説明したように、ウルフ村田個人には資産がほとんど無いものと思われます。

    故に和解金の1100万円などという大金を支払えず、契約会社に無理を言ってでも払ってもらう必要があったのかも。

    そして最近になってウルフ村田がジャパンインベストメントスクールの講師から除籍されているのがわかりました。

    ジャパンインベストメントスクールはウルフ村田が長年講師として活動していた投資スクールで、月刊ウルフの運営もジャパンインベストメントスクールが務めていました。

    単にタイミングが重なっただけなのか、それとも本当に件の契約会社がここなのか。

    真相は不明ですが、何か情報が入り次第追記していきたいと思います。

    ちなみにこれだけ有名なウルフ村田が何故資産を持っていないのかというと、これには合理的な説明がつきます。

    ウルフ村田はセミナーやオンラインサロン、月刊ウルフ等々のサービス内で銘柄推奨をしており、これは投資顧問業にあたります。

    投資顧問業を行う場合は、不正な取引を禁止する為個人で株の売買が出来なくなります。

    よってウルフ銘柄がどれだけ高騰していようとも、ウルフ村田には1円の利益も入ってこないわけです。

    ウルフ村田は現在株の売買では利益を出せないわけですね。

  31. 愛弟子「高沢健太」と今生の別れ

  32. ウルフ村田と高沢健太と言えば、かつては大の仲良しな師匠と弟子として知られていました。

    しかしある時ウルフ村田が不穏なツイート。



    ウルフ村田が高沢健太に1億円を支払う?紹介料?

    その後のツイートによると、なんとウルフ村田がトラブルに巻き込まれ、4億円もの大金を請求されてしまったらしいです。

    そのトラブルを高沢健太が仲裁。ヤクザを使ってトラブルを解決し、解決料としてウルフ村田に1億円を請求し始めたらしいのです。

    相当なストレスと恐怖があったのでしょう。ウルフ村田はTwitter上でパニック発作を起こしてしまいます。



    結局その後ウルフ村田と高沢健太が公の場で関わることは無くなってしまいました。

  33. ウルフ村田の周辺、逮捕者相次ぐ

  34. ウルフ村田の関係者が相次いで逮捕され、まるで粛清が始まったかのような時期がありますので逮捕者と簡単な理由を説明します。

    【KAZMAX】
    ウルフ村田と旧知の仲で竹馬の友。逮捕の理由は大麻所持。

    一時は仮想通貨サロンで詐欺の片棒を担いでいたのでは、との疑惑がありましたがそれに関してはKAZMAXは無実のようです。



    世間を騒がせ、お昼のニュースでも放送されましたね。

    【合同会社ゲンキ代表 林】
    < ウルフ村田のセミナーを運営していた合同会社ゲンキの代表が脱税で逮捕された事件。

    テレビのニュースではモザイク越しにも明らかなウルフ村田が登場し、このままウルフもしょっ引かれるのではと世間の注目を集めましたが、ウルフ村田はおとがめなしでした。



    【トンピンフィナンシャルグループCEO】

    ウルフ村田と共にニチダイを仕手株化させ多額の利益を得ていたとされる大物投資家。

    ちなみに高沢健太が100万円を1年で1億にした際の銘柄はこのニチダイであり、ウルフ村田のおかげで稼げただけではないかともっぱらの噂。

    トンピン氏は相場操縦の疑いで逮捕され、またもやウルフ村田もお縄かと思われたのですが、ウルフ村田はおとがめなし。

 ウルフ村田の関連記事

ウルフ村田の口コミ

▼次の口コミを表示 読み込み中

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください。

ウルフ村田アナリスト

ウルフ村田
アナリスト名ウルフ村田
肩書き金融トレーダー
所属サイト名ジャパンインベストスクール
所在地東京都千代田区神田須田町1-34-4
MAILsupport@j-i-s.info
TEL03-5295-7107
所属サイトURLhttp://j-i-s.info/

この記事を読んでいる人はコチラの記事も読んでいます