ウルフ村田とは何者?経歴、実力を徹底調査!

探偵

ウルフ村田アナリスト

ウルフ村田
アナリスト名ウルフ村田
肩書き金融トレーダー
所属サイト名ジャパンインベストスクール
所在地東京都千代田区神田須田町1-34-4
MAILsupport@j-i-s.info
TEL03-5295-7107
所属サイトURLhttp://j-i-s.info/
ウルフ村田とは、知名度だけの3流トレーダーであり投資家のオモチャです。SNSや広告で彼女を知って、なんだか凄そう、どんな結果を出している人なんだ?と思って調べてきた人が多いかと思いますが、そんなアナタにウルフ村田の実情を解説します。

主な内容は以下
☑ 基本プロフィールと裁判で有罪を受けた話
☑ 実力なんて一切無かったことが検証で判明した話
☑ ウルフ村田の黒いウワサ

公式が絶対に触れないタブーも深く掘り下げた内容となっています。是非ご覧になってみてください。



  1. ウルフ村田どんな人物?

  2. まずは「ウルフ村田」の簡単な経歴とプロフィールからご紹介致します。

    名前:ウルフ村田 本名:村田美夏(むらた みか)
    生年月日:昭和44年7月20日
    出身地:愛知県名古屋市

    中学・高校は私立の名門、桜蔭中学校・高等学校です。そこから東京大学経済学部へ進学。絵にかいたようなエリート人生です。大学卒業後は日本長期信用銀行(今の新生銀行)に就職。30歳の時にキャバクラ嬢に転身、同時に株トレードを始め、その後株一本に絞り今に至ります。

    「ウルフ村田」と呼ばれるようになったのはいつ頃なのか?正確な情報がないのですが、一説によるとトレーダー仲間から「ウルフ」と呼ばれ始めたのが由来ということで、恐らく30歳以降ですね。

    では何故「ウルフ」と呼ばれるようになったのか。それは大きな金額で取引するからだそうです。正直これはよく意味が解りません。キャラ付けのために自分で名乗り始めた可能性をうっすら感じてしまいます。

    私の記憶だと、当初は映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」から取ったと自称していた記憶があるのですが、今ではその証拠がどこにも残っていません。私の記憶違いかも。

    次に「ウルフ村田」が有名になったキッカケを解説していきます。投資家の間で広く知られ始めたのは2012年のアベノミクスが始まってから。「ウルフ村田」はケネディクスやアイフルが大化けすると宣言し、実際にこの二つの銘柄は約6倍、20倍に成長しました。

    これがきっかけで投資家界隈で広く認知されるようになったのです。では世間一般に認知されるようになったきっかけとはなんだったのでしょうか。それは2014年6月に放送されたテレビ番組『人生が変わる1分間の深イイ話』への出演です。

    ここでウルフ村田の破天荒な人間性やエピソードが紹介され、人気爆発。『アウト×デラックス』や『サンデー・ジャポン』のような人気エンタメ系番組への出演が増えました。

    バラエティ系以外でも『クローズアップ現代』や『ワールドビジネスサテライト』といった番組にも多数出演しており、まさに一斉を風靡したと言っても過言ではないですね。

    しかしこのテレビ露出は2015年を境にぱったりと無くなってしまいます。その理由は、かの有名な踏み倒し借金返還請求を起こされたからです。

    超金持ち凄腕トレーダーのはずが、一般人から1400万円も借金し、踏み倒しすような生活を送っていたことが発覚したのです。テレビ的にもこんな人物使えるはずが無く、投資家業界からも詐欺師との批判が出てき始めました。

    >>ウルフ村田の裁判についてまとめた記事はコチラ

    「ウルフ銘柄が全然勝てない」「ウルフのセミナーぼったくり」などの今まで多くの人が感じつつも言いだせなかった本心が各所から次々噴出。

    とどめに、ウルフ村田は嵌め込みで多くの投資家に大損害を与えたアンジェス事件などを起こし、すっかり投資家業界から腫れ物として扱われるようになりました。まともな著名人がウルフ村田と絶対に関わりたがらないのは、こういった経緯があるからです。

    今では初心者狩りに近い商売を行っているとして、業界有名人から批判されたり話のネタにされたりのピエロ状態です。

    有名ツイッタラー「おけら」氏のオモチャにされることもしばしば…↓

    オケラのウルフいじり

    以上ウルフ村田の基本プロフィールになります。では次項で「検証したら実力なんて一切なかった話」をします。

  3. ウルフ村田実力が一切なかった話

  4. ウルフ村田のアナリストとしての実力を検証したのですが、その結果が愕然とする内容でした。ウルフ村田の発言、判断は根拠の”こ”の字も無い内容だらけだったからです。

    1.ウルフ村田が特定の銘柄に注目するタイミングについて

    まず見ていきたいのは「ウルフ村田」が銘柄に注目するタイミングについて調査した結果。ウルフ村田が注目した株はその後上がっているのでしょうか。Twitterを参考に、ウルフが目を付けるタイミングとその後の株価を見てみます。

    直近(本日7月2日)だと【カルナバイオサイエンス 4572】について頻繁にツイートしており、「ウルフ村田」が注目していることが伺えます。

    ということで「ウルフ村田」が最初に【カルナバイオサイエンス 4572】について触れたのはいつか遡ってみると、どうやら6月25日が最初のよう。

    file136

    ギリアド社との業務提携を受け、業績予想が修正された件についてツイートしてますね。そしてその後株価は高騰。

    ツイート後確かに株価は上がってはいますが、ウルフ村田は好材料が発表されてから触れているので、彼女がつぶやいた時点では既に株価が上がっています。銘柄に注目するタイミングとしては一般人と同程度のように思えます。

    さらに彼女のツイートを1000件以上見ていく中で気付いたのは、彼女自身の見解や分析を行ったツイートが皆無であったということ。

    つまり彼女は発表された材料をただかき集めているだけということです。その後の株価の変動を予測するといった、銘柄の動向を読む力は全く持ち合わせてはいないことが判明してしまったのです。

    2.本当に分析力が無いのか調査した結果

    「ウルフ村田」と調べれば必ず出てくる、銘柄に関するいくつかの”事件”があります。この事件についても考察し、実力を探りました。

    検証したのは【サンバイオ 4592】事件。概要は当時急騰していた【サンバイオ 4592】が悪材料発表により株価急落。その急落直前まで「ウルフ村田」が買い煽りを行ったことで、それに影響された多くの個人投資家が高値掴みし損害を被ったという事件です。

    この事件を紐解きながら、時系列に沿って「ウルフ村田」の発言の正当性を確認していきます。果たして「ウルフ村田」の買い煽りは妥当なものだったのでしょうか。

    最初に「ウルフ村田」が動きを見せたのは【サンバイオ 4592】の株価変動から3週間ほど経った頃。「明確に波動を感じる銘柄」とTwitterで煽りを入れました。この文言は「ウルフ村田」がよく使う定型文で、「機関・大口の参入が読み取れるのでまだ上がりますよ」という買い煽りの一種です。

    file136

    「ウルフ村田」が最初に買い煽りを入れたのは株価8,000円頃。最終的に【サンバイオ 4592】は12,000円近くまで上がっていますが、だからといって安易に「ウルフ村田」は正しいとするのは危険です。

    皆さんもご存じの通り、その後【サンバイオ 4592】の株価は急落するのですが、「ウルフ村田」はなんとこの急落前日にも買い煽りを行っているのです↓

    file136

    ただこの急落はいきなり悪材料が発表されたことによるもの。「ウルフ村田」に過失があるとは言えないのではとの意見もありますが、それは違います。

    この時一部アナリストは売り推奨を行っていました。もちろん悪材料がでるのを予想していたわけではなく、株価が上がり過ぎたことによる調整が入る可能性を予測しての売り推奨だったようです。

    経験と知識と冷静な判断力で下落前に売る判断をしていた人もいたのです。対してただ闇雲に買い煽りを入れるだけの「ウルフ村田」に実力があると言えるでしょうか。

    「ウルフ村田」は買い煽りした銘柄が一瞬でも上がってくれれば後から「最初から予想してた」と言えるので、とにかく何でも買い煽っているだけだと私は考えます。

    ちなみに【サンバイオ 4592】下落後の「ウルフ村田」のツイートがコチラ↓
    file136

    「ウルフ村田」本人が下落直前まで煽っていたというのに、それを信用し高値掴みをしてしまった生徒に対して「高値では絶対に買うなと連呼していた」、「(買うなという発言を)聞いてない人間のことは知らない」と突き放すような発言

    最近は「ウルフ村田」やKAZMAX、神王リョウといった、知名度があるだけの胡散臭い人物が跋扈しています。こういった悪意ある人たちに振り回されて損をしないよう、誰を頼るかよく吟味すべきです。

    もしくは管理人である私オススメの、「循環物色アナライザー」といった株をサポートするAI系のサービスを頼るのも良いかもしれません。循環物色アナライザーは株価上昇する可能性の高い銘柄を選んでくれるサービスであり、AIが判定するので人を騙すようなことはありません。

  5. ウルフ村田黒いウワサ

  6. ウルフ村田にまつわる黒いウワサを解説します。ただこれはあくまで出てきた情報の点と点が矛盾なく説明できる推測でしかありませんので、そこをご理解ください。

    してそのウワサとは、

    ウルフ村田は巨大詐欺グループによって仕立て上げられた、ただの広告塔

    というものです。もう少し具体的に言うと、巨大な詐欺グループがウルフ村田、KAZMAX、高沢健太の3人を有名人に仕立て上げ、業界を牛耳ろうとしたのではないか、というウワサです。

    このウワサの元となった情報は以下の3点

    ☑ KAMZAX、高沢健太という胡散臭い人物と同時期にいきなり有名になった
    ☑ ウルフ村田、KAZMAX、高沢健太の3人は当初から親しい間柄だった
    ☑ KAZMAX、高沢健太がヤクザの仲間(もしくはその構成員)だと判明

    解説していきます。ウルフ村田は仕手株に関与することで一躍有名人となり、高沢健太は胡散臭い業者と手を組み肩書を金で買うことで有名人となり、KAZMAXは怪しい情報商材を宣伝し有名となりました。

    それぞれがそれぞれの業界で有名になったのち、3人が昔から知り合いだったことが発覚。そしてKAZMAXと高沢健太がヤクザの仲間だと判明。

    これらにより、3人はヤクザに有名人へと仕立て上げられたただの一般人なのではないかとウワサされ始めました。

    そして別件からウルフ村田、KAZMAX、高沢健太が投資のことなど何もわかっていないエアトレーダーである疑惑まで出てきたところで、このウワサが現実味を帯びたというわけです。

    高沢健太、KAZMAXについては個別に解説ページを作成していますので、興味があればそちらもご覧ください。

    >>KAZMAXの経歴を徹底解説してみた

    >>高沢健太の不審過ぎる経歴を解説してみた

     ウルフ村田の関連記事

    ウルフ村田の口コミ

    ▼次の口コミを表示 読み込み中

    口コミ投稿フォーム

    注目マークを表示する場合は「ON」にしてください。

    ウルフ村田アナリスト

    ウルフ村田
    アナリスト名ウルフ村田
    肩書き金融トレーダー
    所属サイト名ジャパンインベストスクール
    所在地東京都千代田区神田須田町1-34-4
    MAILsupport@j-i-s.info
    TEL03-5295-7107
    所属サイトURLhttp://j-i-s.info/

    この記事を読んでいる人はコチラの記事も読んでいます