ウルフ村田とは何者?経歴、実力を徹底調査!

探偵

ウルフ村田アナリスト

ウルフ村田
アナリスト名ウルフ村田
肩書き金融トレーダー
所属サイト名ジャパンインベストスクール
所在地東京都千代田区神田須田町1-34-4
MAILsupport@j-i-s.info
TEL03-5295-7107
所属サイトURLhttp://j-i-s.info/

ウルフ村田稀代の嵌め込み師です。故に信用してはなりません。彼女を信じた投資家は裏切られ、損失を被ることになります。

本記事ではウルフ村田が行ってきたニチダイ等の嵌め込みについての解説と、私が行ったウルフ村田の分析力の検証を掲載しています。

何故彼女が詐欺と言われるのかご理解いただけると思います。

  1. ウルフ村田嵌め込み事件を解説

  2. ウルフ村田が過去行ったニチダイ嵌め込み事件について解説します。ウルフ村田が詐欺だと言われるようになった要因ですね。

    まず解説するのはニチダイ事件。2018年にウルフ村田と大口投資家の山田亨(トンピンフィナンシャルグループCEO)が手を組んでニチダイの株価を吊り上げ、最終的に山田亨は売り抜けて利益を出し、多くの一般投資家が損失を被りました。

    主な手口は以下。

    山田亨がニチダイの株を買い漁り株価を吊り上げ

    大量保有報告書を出し仕手株であることを知らしめる

    ウルフ村田が山田亨との協力関係を匂わせながら「4000円行く」と買い煽り

    信じたウルフ村田信者含む一般投資家が後追いで買い株価はさらに上昇

    頃合いを見て山田亨が売り抜け。大儲け。

    株価は大幅下落し一般投資家は大損失。

    こうしてウルフ村田は自分の信者から資金を吸い取ることに成功したのです。ウルフ村田が悪魔に魂を売っていた証明ですね。

    これ以外にもウルフ村田が嵌め込みを行ったとされる銘柄はアンジェス、燦キャピタルなどなど多数存在。

    2020年に入ってからも月刊ウルフの動画などで散々買い煽ったゲーセク関連銘柄が軒並み大幅下落し、嵌め込みだと大炎上しています。

    ウルフ村田はこうして何年も前から信者から資金を吸い取る悪行を繰り返しているのです。これだけのことをすれば詐欺師だなんだと罵られても仕方がないと私は思います。

  3. ウルフ村田分析の能力が無かった話

  4. ウルフ村田が銘柄を買うよう煽るのは、彼女なりの分析の結果上がると判断し、善意で勧めている可能性もあるのでは?と考えているかもしれませんが、それは違います。

    何故ならウルフ村田に分析力は皆無だからです。その根拠となる私の検証結果を解説します。

    1.ウルフ村田が特定の銘柄に注目するタイミングについて

    まず見ていきたいのは「ウルフ村田」が銘柄に注目するタイミングについて調査した結果。ウルフ村田が注目した株はその後上がっているのでしょうか。Twitterを参考に、ウルフが目を付けるタイミングとその後の株価を見てみます。

    カルナバイオサイエンス 4572】について頻繁にツイートしており、「ウルフ村田」が注目していることが伺えます。

    ということで「ウルフ村田」が最初に【カルナバイオサイエンス 4572】について触れたのはいつか遡ってみると、どうやら6月25日が最初のよう。

    file136

    ギリアド社との業務提携を受け、業績予想が修正された件についてツイートしてますね。そしてその後株価は高騰。

    ツイート後確かに株価は上がってはいますが、ウルフ村田は好材料が発表されてから触れているので、彼女がつぶやいた時点では既に株価が上がっています。銘柄に注目するタイミングとしては一般人と同程度のように思えます。

    さらに彼女のツイートを1000件以上見ていく中で気付いたのは、彼女自身の見解や分析を行ったツイートが皆無であったということ。

    つまり彼女は発表された材料をただかき集めているだけということです。その後の株価の変動を予測するといった、銘柄の動向を読む力は全く持ち合わせてはいないことが判明してしまったのです。

    2.本当に分析力が無いのか調査した結果

    「ウルフ村田」と調べれば必ず出てくる、銘柄に関するいくつかの”事件”があります。この事件についても考察し、実力を探りました。

    検証したのは【サンバイオ 4592】事件。概要は当時急騰していた【サンバイオ 4592】が悪材料発表により株価急落。その急落直前まで「ウルフ村田」が買い煽りを行ったことで、それに影響された多くの個人投資家が高値掴みし損害を被ったという事件です。

    この事件を紐解きながら、時系列に沿って「ウルフ村田」の発言の正当性を確認していきます。果たして「ウルフ村田」の買い煽りは妥当なものだったのでしょうか。

    最初に「ウルフ村田」が動きを見せたのは【サンバイオ 4592】の株価変動から3週間ほど経った頃。「明確に波動を感じる銘柄」とTwitterで煽りを入れました。この文言は「ウルフ村田」がよく使う定型文で、「機関・大口の参入が読み取れるのでまだ上がりますよ」という買い煽りの一種です。

    file136

    「ウルフ村田」が最初に買い煽りを入れたのは株価8,000円頃。最終的に【サンバイオ 4592】は12,000円近くまで上がっていますが、だからといって安易に「ウルフ村田」は正しいとするのは危険です。

    皆さんもご存じの通り、その後【サンバイオ 4592】の株価は急落するのですが、「ウルフ村田」はなんとこの急落前日にも買い煽りを行っているのです↓

    file136

    ただこの急落はいきなり悪材料が発表されたことによるもの。「ウルフ村田」に過失があるとは言えないのではとの意見もありますが、それは違います。

    この時一部アナリストは売り推奨を行っていました。もちろん悪材料がでるのを予想していたわけではなく、株価が上がり過ぎたことによる調整が入る可能性を予測しての売り推奨だったようです。

    経験と知識と冷静な判断力で下落前に売る判断をしていた人もいたのです。対してただ闇雲に買い煽りを入れるだけの「ウルフ村田」に実力があると言えるでしょうか。

    「ウルフ村田」は買い煽りした銘柄が一瞬でも上がってくれれば後から「最初から予想してた」と言えるので、とにかく何でも買い煽っているだけだと私は考えます。

    ちなみに【サンバイオ 4592】下落後の「ウルフ村田」のツイートがコチラ↓
    file136

    「ウルフ村田」本人が下落直前まで煽っていたというのに、それを信用し高値掴みをしてしまった生徒に対して「高値では絶対に買うなと連呼していた」、「(買うなという発言を)聞いてない人間のことは知らない」と突き放すような発言

    最近は「ウルフ村田」やKAZMAX、神王リョウといった胡散臭い人物が跋扈しています。こういった悪意ある人たちに振り回されて損をしないよう、誰を頼るかよく吟味すべきです。

    もし株で利益を得たいのなら、銘柄選別ロボ「循環物色アナライザー」の活用を勧めます。

    循環物色アナライザーは利益を得るために今買うべき、空売りすべき銘柄を選んでくれるサービスであり安定した成果が出ると注目が集まっています。

  5. ウルフ村田そもそも人として信用出来ない話

  6. ウルフ村田で信用出来ない点は株の実力や情報力、発言だけではありません。そもそも人としてどうかしているのです。

    それがよくわかるエピソードと言えば、やはり裁判関連の話でしょう。

    ウルフ村田は被災地の産業活性化を支援する男性に「協力したい」と近づき、株のプロトレーダーである自分が資金を運用し、その利益を男性に還元する話を持ち掛けました。

    そうして男性から計3000万円を預かったウルフ村田ですが、その後利益の還元はおろか元金の返却すら行わず、男性から返還を求める裁判をおこされます。

    するとウルフ村田はTwitterなどで男性のことを「レイプ魔」「強姦」などと誹謗中傷。今度は男性から名誉棄損の裁判を起こされます。

    名誉棄損の裁判では、法廷にて「名誉棄損したら全裸で走ります」「(生年月日は)19シックスナイン7月20日生まれ」と常軌を逸した発言を度々行い、加えていきなりノートパソコンを開いて作業しようとしたり、禁句であるはずの被害者男性の名前を間違えたふりをして何度も口にするなど、異常行動に出ました。 裁判の詳しい話は以下の記事にて

    >>ウルフ村田の借金、名誉棄損裁判の経緯と結果を解説

    ウルフ村田がいかにおかしい人間かご理解いただけたかと思います。

  7. ウルフ村田プロフィール、来歴

  8. 名前:ウルフ村田 本名:村田美夏(むらた みか)
    生年月日:昭和44年7月20日
    出身地:愛知県名古屋市

    中学・高校は私立の名門、桜蔭中学校・高等学校です。そこから東京大学経済学部へ進学。絵にかいたようなエリート人生です。大学卒業後は日本長期信用銀行(今の新生銀行)に就職。30歳の時にキャバクラ嬢に転身、同時に株トレードを始め、その後株一本に絞り今に至ります。

    「ウルフ村田」と呼ばれるようになったのはいつ頃なのか?正確な情報がないのですが、一説によるとトレーダー仲間から「ウルフ」と呼ばれ始めたのが由来ということで、恐らく30歳以降ですね。

    では何故「ウルフ」と呼ばれるようになったのか。それは大きな金額で取引するからだそうです。正直これはよく意味が解りません。キャラ付けのために自分で名乗り始めた可能性をうっすら感じてしまいます。

    私の記憶だと、当初は映画「ウルフ・オブ・ウォールストリート」から取ったと自称していた記憶があるのですが、今ではその証拠がどこにも残っていません。私の記憶違いかも。

    次に「ウルフ村田」が有名になったキッカケを解説していきます。投資家の間で広く知られ始めたのは2012年のアベノミクスが始まってから。「ウルフ村田」はケネディクスやアイフルが大化けすると宣言し、実際にこの二つの銘柄は約6倍、20倍に成長しました。

    これがきっかけで投資家界隈で広く認知されるようになったのです。では世間一般に認知されるようになったきっかけとはなんだったのでしょうか。それは2014年6月に放送されたテレビ番組『人生が変わる1分間の深イイ話』への出演です。

    ここでウルフ村田の破天荒な人間性やエピソードが紹介され、人気爆発。『アウト×デラックス』や『サンデー・ジャポン』のような人気エンタメ系番組への出演が増えました。

    バラエティ系以外でも『クローズアップ現代』や『ワールドビジネスサテライト』といった番組にも多数出演しており、まさに一斉を風靡したと言っても過言ではないですね。

    しかしこのテレビ露出は2015年を境にぱったりと無くなってしまいます。その理由は、かの有名な踏み倒し借金返還請求を起こされたからです。

    超金持ち凄腕トレーダーのはずが、一般人から多額の借金をし、踏み倒しするような生活を送っていたことが発覚したのです。テレビ的にもこんな人物使えるはずが無く、投資家業界からも奇異の眼で見られるようになりました。

    次第に「ウルフ銘柄が全然勝てない」「ウルフのセミナーぼったくり」などの今まで多くの人が感じつつも言いだせなかった本心が各所から次々でるように。

    とどめに、ウルフ村田は嵌め込みで多くの投資家に大損害を与えたニチダイ事件などを起こし、すっかり投資家業界から腫れ物として扱われるようになりました。まともな著名人がウルフ村田と絶対に関わりたがらないのは、こういった経緯があるからです。

    今では初心者狩りに近い商売を行っているとして、業界有名人から批判されたり話のネタにされたりのピエロ状態です。

    有名ツイッタラー「おけら」氏のオモチャにされることもしばしば…↓

    オケラのウルフいじり

    昔仲の良かった高沢健太との交流もなくなって、代わりに新たに誕生したSuccess Club投資顧問のアナリストなどと仲良くしているようです。

    当サイトには高沢健太の経歴を調査したら株などわからないただのおっさんであることが判明した記事と、Success Club投資顧問について調査した記事もありますので、良ければそちらも読んでみてください。

 ウルフ村田の関連記事

ウルフ村田の口コミ

▼次の口コミを表示 読み込み中

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください。

ウルフ村田アナリスト

ウルフ村田
アナリスト名ウルフ村田
肩書き金融トレーダー
所属サイト名ジャパンインベストスクール
所在地東京都千代田区神田須田町1-34-4
MAILsupport@j-i-s.info
TEL03-5295-7107
所属サイトURLhttp://j-i-s.info/

この記事を読んでいる人はコチラの記事も読んでいます