循環物色アナライザーで株のハイリターンを狙える理由

探偵

循環物色アナライザー 検証記事

循環物色アナライザー

循環物色アナライザーの特徴と概要

評価普通

循環物色アナライザーは、買うべき上昇期待株を教えてくれる銘柄選定ロボです。

関連付く銘柄が順番に買われる”循環物色”の流れと過去の銘柄データを分析し、次の物色が始まる前に注目が集まりそうな銘柄を見つけ出します。

循環物色アナライザーを活用すれば次々に高騰銘柄に投資できる可能性が高まり、満足のいくハイリターンを期待出来ます。

>>循環物色アナライザーを利用してみる

まずは循環物色アナライザーの概要について解説していきます。

  1. 循環物色アナライザー概要

  2. 循環物色アナライザーがどのようなものなのか解説を行っていきます。

    循環物色アナライザーは搭載されたAIが株式市場に起きる循環物色の流れを分析し、次に投資対象として注目されるであろう銘柄群を予測、その中から買うべき個別銘柄を選び出します

    ※循環物色とは※
    ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

    株式市場にはグロース株、下落候補、バリュー株、ディフェンシブ銘柄など、それぞれの銘柄群が時期の違いはあれど多くの注目を集め、買いのタイミングが集中する時期があります。

    例えばコロナショック後グロース株に注目が集まり買いが集中、次第に割高感が出てきたことなどが理由で次はバリュー株に注目が集まっている今など。

    このように市場から注目され物色される銘柄群が次々と移り変わることを循環物色と言います。資金の流動性の高さや株価変動の大きさから、循環物色は銘柄選びにおいて重要な要素となります。

    ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

    公式HPでは、これまで循環物色の中で買いが集中した代表的な銘柄を紹介しており、循環物色アナライザーを活用すれば以下のような銘柄に動意づき前から投資できる可能性があるとしています。

    公式HPで紹介されている銘柄例

    ☑ 材料株:テラ(2191)
    倍率:21.75倍
    株価:100円→2175円
    期間:2020年4月6日→6月9日

    ☑ テーマ株:アンジェス(4563)
    倍率:6.54倍
    株価:375円→2455円
    期間:2020年2月28日→5月8日

    ☑ グロース株:チエル(3933)
    倍率:5.59倍
    株価:973円→5440円 期間:2020年11月7日→6月17日

    …etc

    通常この中のどれか一つ買うことが出来れば大成功という株式投資の世界ですが、循環物色を見極めることが出来れば、上記のような複数の高騰銘柄を連続して手にすることも可能です。

    仮にテラ、アンジェス、チエルの3銘柄を100万円分ずつ買っていれば、計3000万円の利益が手に入った計算。循環物色の流れを捉えることがいかに大きなリターンを生むかご理解いただけるかと思います。

    そして実際に循環物色アナライザーを利用する際は、用意された複数のモデルから自分に合ったものを選んで購入することになります。

    例えば「バリュー株・グロース株・ディフェンシブ銘柄・空売り銘柄」を分析する「循環戦略46」など、プランごとに分析範囲が異なります。

    それぞれ値段や抽出銘柄数も異なるので、興味がある方は公式HPから体験版を申し込みそれぞれの商品内容を確認してみてください。

    >>体験版に登録する

    簡単なプラン紹介は記事下部に掲載しています。

    そして買うべき銘柄を選び出すため、循環物色アナライザーは国内3700以上の銘柄データ分析と統計学を基に、独自AIが判断を下しています。

    公式HPの解説
  3. 循環物色アナライザー特徴を解説

  4. 循環物色アナライザーを活用することで利益獲得が目指せる理由をご紹介致します。

    【最適と判断した銘柄を選んでくれる】
    循環物色アナライザーは一般的なスクリーニングツールなどとは大きな違いがあります。一般的なスクリーニングツールでは、自分で設定したチャートや業績などの条件を満たした銘柄を見つけるために使われるのに対し、循環物色アナライザーはAIが自動で最適と判断した銘柄を選んでくれます。

    一般的なスクリーニングツールは最初の条件設定で間違えてしまうと意味を成さないという欠点がありますが、循環物色アナライザーは全て自動で行ったうえで銘柄を選んでくれるため、条件設定などを気にする必要がありません。

    【循環物色に特化している】
    循環物色により注目された銘柄群には国内外から資金が投下されます。普通なら買われないような銘柄でも、期待感や関連銘柄というだけで買われて株価の高騰が起きることもよくあります。

    よって注目される銘柄群を先読みすれば、株価上昇する銘柄を買える可能性が高まるのです。
  5. 循環物色アナライザー利益だけじゃない利点

  6. 循環物色アナライザーを活用することで得られるメリットは、買うべき銘柄を知ることができるだけではありません。

    日々の膨大な情報収集や分析の手間を減らすことにもなるのです。

    循環物色は上手く予想出来れば大きな利益に繋がるため、銘柄選びをするうえで重要な要素となりますが、その分日々の市場動向やニュース等の情報収集に大きな手間がかかります。

    一日中相場を見ている機関投資家や専業投資家ならいざ知らず、兼業の個人投資家が市場の動きを予測できるほどの情報収集と分析を行うのは相当な苦労が必要になります。ですが、

    循環物色アナライザーならその手間を全て引き受けてくれます。

    情報収集と分析に疲れた、という投資家の方にもおススメのツールとなっています。

  7. 循環物色アナライザー利用方法

  8. 循環物色アナライザーの公式HPから体験版の申し込みが可能です。

    体験版登録画面

    また、製品版を購入すると、専用のタブレット端末が送られてくるそうです。その端末を用いて循環物色アナライザーを利用することになります。

    利用中の画面はコチラ↓ 利用中の画面

    特に期待できると判断されたピックアップ銘柄など数銘柄が表示されている画面です。
  9. 循環物色アナライザー商品の概要、サービスの紹介

  10. 最後に、循環物色アナライザーで用意されているモデルの紹介を行います。それぞれ分析する範囲や抽出する銘柄数などが違うので、自分に合ったモデルを探してみてください。

    【4週間以上の利用が可能な商品】
    ☑ 循環戦略36
    循環戦略36

    提供銘柄範囲:バリュー+グロース+ディフェンシブ銘柄
    本製品では4週間の利用期限の中で「バリュー」「グロース」「ディフェンシブ」の 3種類のタイプの銘柄から、AIが今後期待が出来ると適切に判断できた銘柄を抽出致します。

    ☑ 循環戦略46
    循環戦略46

    提供銘柄範囲:バリュー+グロース+ディフェンシブ+空売り
    「バリュー」や「グロース」で上昇トレンドを押さえ、「空売り」で下降トレンドも把握する。さらには「安定」のための「ディフェンシブ」も取り扱うことで、株式投資におけるベースを盤石のものとできる製品だと自信を持ってご案内いたします。

    ☑ 循環戦略56
    循環戦略56

    提供銘柄範囲:バリュー+グロース+ディフェンシブ+空売り+テーマ
    網羅している情報の範囲について、弊社製品の中でトップクラスの「循環戦略」。他の製品との違いを、全5種類のタイプの銘柄を用いて皆様にお届け致します。

    ☑ 循環戦略66
    循環戦略66

    提供銘柄範囲:バリュー+グロース+ディフェンシブ+空売り+テーマ+材料
    他の製品がそれぞれ個別に持つ特性を全て備えており、自信を持って「弊社製品の最高ランク」と断言できる仕様となっております。

    【利用期限が1週間に限定されている商品】
    ☑ 投資戦略RR
    投資戦略RR

    投資戦略:リターンリバーサル(逆張り)
    本製品では、AIがその時最もリターンリバーサル投資に適切だと判断した銘柄を抽出致します。

    ☑ 投資戦略DTF
    投資戦略DTF

    投資戦略:ディフェンシブ+トレンドフォロー(順張り)
    防御的という名前の通り、値動きも安定している銘柄をAIが抽出致します。加えてAIがトレンドフォローに適した銘柄を抽出致します。

    ☑ 投資戦略空売り
    投資戦略空売り

    投資戦略:空売り
    「次に下降トレンドを迎える銘柄」を予測し、 その中でも適切と判断した銘柄をAIが抽出致します。

    ☑ 投資戦略材料株
    投資戦略材料株

    投資戦略:材料株
    本製品では、インプットされた全ての銘柄の業績や株価の推移を基に、「材料株」として期待ができる銘柄を抽出致します。

    個人投資家が「好材料」なのか「悪材料」なのかを悩む場面であったとしても、本製品のAIであれば、過去の傾向等々を基に適切に判断ができた銘柄を抽出致します。
  11. 循環物色アナライザーまとめ

  12. 循環物色アナライザーは市場の循環物色を先読みし、次に注目されるであろう買うべき銘柄を教えてくれる最新の銘柄選定ロボです。

    高騰銘柄に連続に投資するチャンスがあるので、大きなリターンを期待できます。分析は独自開発のAIが国内3700以上の銘柄データ分析と統計学を基に行います。

    毎日の分析に疲れた方、大きな利益を求める方は循環物色アナライザーを検討なさってみてください。

    >>循環物色アナライザーでハイリターンを狙う

公式サイトを見る

循環物色アナライザーの口コミ

▼次の口コミを表示 読み込み中

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください。