急上昇銘柄の直前キャッチ法 SOWの評判を調査!販売者である三浦 圧照の正体を暴く!

探偵

急上昇銘柄の直前キャッチ法 SOW(三浦 圧照) 検証記事

「あの男が……、帰ってきた……」

「秘密の情報を公開する」という触れ込みでYouTubeに広告を出し続ける謎の男が一人 その男の名は「三浦 圧照」。彼は何の知識も経験も持たないド素人を株式投資で稼がせることが出来ると豪語しており、彼の持つ秘密の投資法を実践すれば、誰でも稼ぐことが出来ると話しています。

果たして彼の話は本当なのだろうか。そこで私は、「三浦 圧照」氏の提唱する「急上昇銘柄の直前キャッチ法 SOW」が本当に稼げる手法なのかを調査することに。そうして私が彼の動画や経歴を検証していくと
「ある詐欺師」の存在が明らかに。今回の検証では、

☑ 「三浦 圧照」とは一体何者なのか
☑ 急上昇銘柄の直前キャッチ法 SOWは稼げるのか
☑ そもそも詐欺なのか

これより「急上昇銘柄の直前キャッチ法 SOW」の全てをお話いたします。口コミサイトなどの評判では語られることの無い、情報業界のタブーを暴露していきます。

※【追記】※
SIMの販売者による新たな情報商材を確認しました。SIMと非常に酷似した手法(YouTube広告)にて勧誘が行われておりますので、注意してください。詳しい内容はエルの公式の検証ページをご覧ください。

  1. 急上昇銘柄の直前キャッチ法 SOW特徴・運営方針

  2. 株式投資の経験も、知識も全く必要なく月30万円の副収入を得る事が出来る投資法を公開している情報商材になります。株式市場、証券業界の常識を根本的に覆す程に秘匿性を含んだ手法で取引を行う事で、人生を変えるような利益を得ることが可能になるとの事です。

  3. 急上昇銘柄の直前キャッチ法 SOW商品の概要、サービスの紹介

  4. (1)無料コンテンツ

    無料情報は提供していませんでした。

    (2)有料コンテンツ

    ・急上昇銘柄の直前キャッチ法 SOW 29700円
    株価が20%も急上昇するような銘柄を自分で見つけ出す手法を公開している株情報商材になります。知識、と経験は必要なく誰でも稼げるようになる株式投資手法との事です。

  5. 急上昇銘柄の直前キャッチ法 SOW無料コンテンツを検証

  6. YouTubeをご覧になられている方は今回ご紹介する「ある広告」を見かけたことがあるのではないでは? 今まで明かされる事無かった「あの秘密」がついに!明かされました…。というもの。

       ↓こちらが問題の動画
    file136

    誰でも稼げる投資手法を公開するという胡散臭さの塊のような事を話し続けるこちらの動画。動画内で紹介されている商品は「急上昇銘柄の直前キャッチ法 SOW」という情報商材になります。

    何処かで見たことがある動画に既視感を覚えつつ、動画を再生し続けます。全て再生し終わる前に気付いたのですが、私が過去に検証を行った悪質な情報商材「SIM(シム)」と酷似している事が判明。

       ↓こちらが比較画像↓
    file136

    いかがでしょうか?明らかに同一人物が作成した動画ですよね。今回の「SOW」は悪質な情報商材であることがバレた「SIM(シム)」が名前を変えて販売を開始した新情報商材と見て間違いないでしょう。

    「急上昇銘柄の直前キャッチ法 SOW」の元となった「SIM」の検証結果はコチラ▶▶

    彼らがよく用いる手法としては、初めに3万円程度の商品を販売します。その後は購入者だけに向けて応用編などと称した価値の無い高額な商品の案内を行うというもの。

    もし、あなたが既に「急上昇銘柄の直前キャッチ法 SOW」を購入済みであり、現在は高額商品の勧誘を受けているのでしたら、それは非常に危険な状況です。まずは「SOW」を販売する企業、人物の実態、本当に信用できるのかどうかをしっかりと確認しましょう。これから私が全てをお話いたします。

    追記:多くの方からお問合せを頂いたため、「販売業者」と「販売者」について追加検証を行いました。

    商品ページから確認できる販売者の情報は「株式会社SOW」という企業で、運営責任者は「三浦圧照」とというもの。その他にも所在地などの情報が掲載されておりましたが、私が独自調査を行ったところ商品ページに記載された会社情報が虚偽の記載であることが分かりました。

    ↓コチラがその証拠↓
    file136

    ☑ 所在地は東京都ではなく北海道
    ☑ 責任者は「三浦圧照」ではなく「本堂雄太」
    ☑ 資本金はわずか10万円
    ☑ 設立日は2017年10月

    商品ページに正しい内容を記載しない意味が分かりませんね。意図的に別の情報に差し替えたのでしょう。この時点でほぼ詐欺であると言えるのではないでしょうか?所在地にしろ、責任者にしろ何一つあっていないのですから…。

    責任者である「本堂雄太」という人物を調べてみると、今回の「株式会社SOW」以外にも責任者と表記されている企業が存在することが判明いたしました。⇒証拠画像

    それらの企業は全て投資講座やFXにまつわる商品を販売していることも確認出来ますので、このような悪質な商品を会社名を変えて販売し続けている事が分かります。

    これらの情報から私は「急上昇銘柄の直前キャッチ法 SOW」は限りなく詐欺に近い、悪質な情報商材であると判断致します。異論は受け付けておりますので、是非口コミやお問合せフォームからの連絡をお待ちしております。(情報提供もお待ちしています)

  7. 急上昇銘柄の直前キャッチ法 SOW有料コンテンツを検証

  8. 「SOW」の商品ページを確認していきましょう。非常に質素なページが良い味をだしていますね。このページで販売されている商品が動画でも説明されていた「SOWマニュアル」というものであり、マニュアルの購入代金は29,700円と記載されております。

    商品自体はPDFファイルとなるようですが、商品のボリューム(ページ数)の詳細については記載されておりませんでした。(ちなみに同一人物が販売していた「SIM」は251ページ)➡過去の教材がこちら

    商品の他には特典として
    ☑ 60日間の回数無制限サポート
    ☑ 急上昇銘柄の直前キャッチ法 SOWの動画解説
    ☑ SOWオリジナル計算ツール
    ☑ より利益を伸ばすための上達講座

    上記の4点が購入特典として提供されるとの事。正直、付いて当たり前の物ばかりとなっておりますので、わざわざ特典にしてありがたみを出しているだけの販売手法ですね。

    商品自体は購入して見なければ分かりませんが、私(管理人)の予想ではアービトラージ(裁定取引)の情報商材ではないかと予想しています。その理由については、過去に彼らが販売していた商材全て「アービトラージ」をと入り扱うものとなっていたためです。購入者の方、私の予想が当たっているならば、是非このページ下部にございます口コミ投稿欄から情報提供をお願い致します。

  9. 急上昇銘柄の直前キャッチ法 SOW会員登録の有無、コンテンツ総評

  10. 広告となる動画は前回の商材とほぼ同様の物が使用されておりました。まぁ1時間を超える動画の内容を考えるのは非常に大変ですから、悪質業者も手を抜いて楽がしたいのでしょう。

    過去の商品内容と評判を見る限りでは、「急上昇銘柄の直前キャッチ法 SOW」は上半期で絶対に購入しない方がいい情報商材の筆頭に挙げられます。皆様、旨い話には気を付けましょう。

  11. 急上昇銘柄の直前キャッチ法 SOWサポート体制を検証

  12. サポートについては60日間のメールサポートが特典として提供されております。ただ、注意点として参加人数が多くなればサポートは有料に切り替えると明記されていますので、販売者の独断でいきなり金銭を要求される可能性もございますのでご注意下さい。

  13. 急上昇銘柄の直前キャッチ法 SOW口コミ情報を調査!

  14. 口コミでの評判を調査したところ、まだ商品が販売されたばかりという事もあり口コミの投稿を見つけることは出来ませんでした。今後も引き続き調査を行って参りますので、口コミを発見した際には追記という形でご紹介をさせて頂きます。

  15. .急上昇銘柄の直前キャッチ法 SOW会社所在地を検証

  16. 会社所在地を確認したところ表記されている住所は格安バーチャルオフィスだという事が判明。要するに実際は何処で活動しているのか分からないという事になります。表記されている電話番号には後日電話を掛けて電話調査も行いたいと思いますので、調査完了までお待ちください。

    結論として、このような下らない詐欺商材に金を出すのは全く持って無意味。ただ金をドブに捨てるのと同義です。金を出すなら、国の認可を受けた投資のプロとの契約にお金を使うべきでしょう。

    例えば「TMJ投資顧問」なら、12月に推奨銘柄タカギセイコーが10営業日株価3.6倍を記録し、会員に莫大な資産を生みました。断然こちらの方が儲かるとは思いませんか?
    公式サイトを見る

     急上昇銘柄の直前キャッチ法 SOW(三浦 圧照)の関連記事

    急上昇銘柄の直前キャッチ法 SOW(三浦 圧照)の口コミ

    ▼次の口コミを表示 読み込み中

    口コミ投稿フォーム

    注目マークを表示する場合は「ON」にしてください。

    この記事を読んでいる人はコチラの記事も読んでいます