Bコミ(坂本慎太郎)氏の経歴から評判まで紹介

探偵

Bコミ(坂本慎太郎)アナリスト

Bコミ(坂本慎太郎)
アナリスト名Bコミ(坂本慎太郎)
肩書き株式評論家
所属サイト名坂本慎太郎 (Bコミ) Official Site
所在地東京都渋谷区宇田川町40番1号
MAILsupport@fensi.plus
TEL03-6415-3400
所属サイトURLhttps://bucomi.fensi.plus/
株式評論家のBコミ(坂本慎太郎)氏情報をまとめました。どのような経歴の人物なのか?普段どのようなか活動をしているのか?世間的からの評判や評価はどうなのか?

当サイトを読めば、Bコミ(坂本慎太郎)氏の基本的なことはほぼわかると思います。興味がある方は是非ご覧ください。



  1. Bコミ(坂本慎太郎)氏経歴を解説

  2. Bコミ(坂本慎太郎)氏についてよく目にするプロフィールが以下の内容。


    ————
    大学卒業後メーカーの営業マンを経て、複数の日系証券会社でディーラーを5年半経験、株式投資の短期売買をメインに習得。その後かんぽ生命保険で株式と債券のファンドマネージャーを7年経験、長期投資を学ぶ。その後個人投資家として、株式の評論業を行う。
    ————


    これをもう少し詳細に解説します。まず、Bコミ(坂本慎太郎)氏が大学卒業後に就職したメーカーというのは鳥越製粉。地元九州の上場企業です。学生時代から株式投資をやっていたBコミ(坂本慎太郎)氏が株式投資関連の企業につかなかった理由も語られています。

    ディーラーかファンドマネージャーになりたかったBコミ(坂本慎太郎)氏ですが、証券会社に入ってもディーラーになれるかわからなかったので、無関係の企業に就職し、個人的に株をやることにしたそうです。

    しかし外回りの途中で株価チェックや注文をしているうちにやはり職業としてやりたいという思いが強くなり、1年も経たないうちに転職を決意。

    転職先の証券会社は明かされていませんが、地場の証券会社とのこと。かなり厳しい環境で 鍛え上げられたようです。

    その後数社を経験するのですが、これら証券会社もまた明かされていません。内部事情を書籍やインタビューで語っているので、あえて社名は伏せているのだと思います。

    そして証券会社で働く中で”その場”しか見ていないと感じたBコミ(坂本慎太郎)氏は、このままでは一流プレーヤーになれないと気づき、ファンドマネージャーになることを決めました。

    転職したかんぽ生命保険ではたった3人、一人病気で会社に来れなくなってからは2人で銘柄選定から証券会社とやり取りして玉を集める作業まで幅広くこなしていたそうです。

    そうして7年間かんぽ生命保険で活躍した後、個人投資家として独立。独立の際も、高利回り債券や不動産収入など生活費の足場を固めてから行動に移したのです。

    次項では簡単にBコミ(坂本慎太郎)氏の評判や評価を紹介していきます。

  3. Bコミ(坂本慎太郎)氏評価を解説

  4. Bコミ(坂本慎太郎)氏の存在が浸透しているTwitterを見てみましたが、基本的にはセミナーや書籍のわかりやすさ、誠実さを評価する声が多数です。

    中にはBコミ(坂本慎太郎)氏の推奨する銘柄で見事利益を取れたとの報告もチラホラ。

    file136

    Bコミ(坂本慎太郎)氏は「ウルフ村田」とともにセミナーに出席する機会が多いことからセットで扱われる光景が多々見受けられます。実際以下の画像のように、Bコミ(坂本慎太郎)氏と仲良くしている様子が見て取れます。

    file136

    ウルフ村田は過激な言動や過去の犯罪歴が理由でアンチが多く、Bコミ(坂本慎太郎)氏のことをウルフ村田と同類だとして批判する者も中にはいます。しかしごく少数ですね。

    また現在の活動のメインがセミナーや講演なので、セミナー屋だとする意見もありますね。ウルフ村田の件もあって、誠実な株式評論家や個人投資家という印象は薄くなってきているのかもしれません。

    まれにTwitterでアンチと口論していますが、それはもはやBコミ(坂本慎太郎)氏のお家芸となりつつあります。

  5. Bコミ(坂本慎太郎)氏名前の由来

  6. 「Bコミ」の由来を簡単に解説。Bコミは「ブッコミ」から来ています。ただ、ブッコミの由来が何なのか調べても不明。恐らく株関連の投資スタイルやらから来ているのでしょうが…。判明次第追記します。

  7. Bコミ(坂本慎太郎)氏サービス・商品の評判

  8. Bコミ(坂本慎太郎)氏は書籍を複数出版し、また投資スクールも開いています。投資スクール「こころトレード研究所」では講師として対面指導を行っています。

    こころトレード研究所に関する評判は全くと言っていいほどありません。参加者はほぼいないようです。料金が1日6時間の4日間で35万円と非常に高額なのでしかたありませんね。

    書籍ですが、セミナーや講演が好評なのに対し、こちらは不評です。

    file136


    file136

    批判の内容として「具体的な内容が書いていない」「慣れろとしか書かれていなくて落胆」「続編を出して買わせる商売」などなど。内容の正誤ではなく、内容の薄さを批判されています。

    投資の相談をするなら、「TMJ投資顧問」の活用をオススメします。一人一人に担当者が付き相談に乗ってくれる上に、個別銘柄の推奨や売買助言を行ってくれます。あなたの役に立つでしょう。

    興味がある方は以下の記事を御覧になってみてください。

    >>TMJ投資顧問に投資の悩みを相談しよう!サービス概要を解説

  9. Bコミ(坂本慎太郎)氏活動内容

  10. (1)定期
    ・ラジオ日経「GO!GO!ジャングル・マーケット」
    木曜日16時半から放送のラジオ番組。毎月第三週目に出演。

    ・ラジオ日経「キラメキの発想~投資戦略ラジオ~」
    火曜日14時半から放送のラジオ番組。毎月第4週目に出演。

    ・ラジオ日経「カブりつき・マーケット情報局」
    金曜日16時20分から放送のラジオ番組。

    ・ラジオ日経「ザ・マネー」
    木曜日15時10分から放送のラジオ番組。毎月第1週目に出演。

    ・Bコミ六つの眼
    トレードステーションというツールを使ってスバ分析する様を毎週火曜日20時半からyoutube。ニコニコ生放送で放送。

    (2)不定期
    ・セミナー
    マネー誌、証券会社主催のセミナーに登壇すること多数。 ・雑誌等でのインタビュー
    数回にわたる短期連載形式のインタビュー記事など。

    ・こころトレード研究所
    1日6時間、計4日間の手法に関する対面指導。35万円。

Bコミ(坂本慎太郎)の口コミ

▼次の口コミを表示 読み込み中

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください。

Bコミ(坂本慎太郎)アナリスト

Bコミ(坂本慎太郎)
アナリスト名Bコミ(坂本慎太郎)
肩書き株式評論家
所属サイト名坂本慎太郎 (Bコミ) Official Site
所在地東京都渋谷区宇田川町40番1号
MAILsupport@fensi.plus
TEL03-6415-3400
所属サイトURLhttps://bucomi.fensi.plus/

この記事を読んでいる人はコチラの記事も読んでいます