あすなろ投資顧問の評判

探偵

あすなろ投資顧問 検証記事

あすなろ投資顧問

あすなろ投資顧問の評判と実態を調査

評価悪い


あすなろ投資顧問は大石やすし、加藤あきら、まんもす藤井。などの著名アナリストが複数所属し、みんかぶ、株探などの株情報サイトともコラボしている投資顧問です。

多くの個人投資家に専門家目線で分析された株式情報を配信している投資顧問と言えます。

最近はAIを用いた銘柄選定サービス「KATANA3.0」を展開し注目を集めているわけですが、果たしてこのサービスに利用者は満足しているのでしょうか。

「KATANA3.0」の顧客満足度を、あすなろ投資顧問の評判から調査しました。

  1. あすなろ投資顧問「KATANA3.0」の選別銘柄の性質

  2. あすなろ投資顧問の「KATANA3.0」は、テクニカルのプロが監修した15年の歴史を持つ銘柄スクリーニングシステムです。

    そんな「KATANA3.0」の評判を調査してみると、抽出された銘柄に利用者は不満顔。納得がいかないといった様子です。

    具体的には「こんな銘柄買えない」という不評が出ているようなのです。”勝てない”ではなく”買えない”とはどういうことなのか。

    その真相は実際にAIが選別した銘柄を受け取ったコチラの方の一連の投稿から読み取ることが出来ます。

    KATANA3.0の銘柄に対する評判

    AIが選んだ銘柄を受けとったようですが、何やらご機嫌斜めの様子。

    そして提供された銘柄の内容についても愚痴をこぼしています。

    あすなろ投資顧問利用者の愚痴

    「KATANA3.0」は短期上昇を見込む、買い専門の銘柄を選び出してくれるAIサービスです。

    しかし推奨される銘柄板の薄いわりに値動きが悪かったり値動きが悪い値がさ株であることが口こみからわかります。

    まず板の薄い銘柄とはわかりやすく言うと人気の乏しい銘柄です。

    板の薄い状態になってしまうと値上がり値下がりの値動きが激しくなります。株価が値下がりした時にパニックになって狼狽売りしてしまうなんてことにもなりかねません。

    いざ注目が集まれば大きく株価が上がる可能性を秘めていますが、注文が飛び飛びになっており、売りたいときに売れないリスクもはらむ銘柄です。

    そして値がさ株とは株価の高い銘柄を指す言葉です。

    値がさ株は基本的に発行枚数が多く、ちょっとやそっとの売買では株価が大きく変動しません。

    通常値がさ株は多額の資金を投じて中長期保有目的で持つもの。短期トレードには適さない投資対象となります。

    加えて値がさ株は機関投資家の投資対象になりやすく、もし莫大な資金を持った者たちによるマネーゲームに巻き込まれれば一介の個人投資家など良いように弄ばれてジ・エンドです。

    値がさ株自体は決して悪い銘柄ではありませんが、口コミからもわかるように安値で仕込んでおかなければ利益を得ることは難しいと言えそうです。

    あすなろのAIはいくつかの条件を満たした銘柄を選び出してくれるそうですが、もしかするとその条件に当てはまってしまった不純物のような銘柄が紛れ込んでいるのかもしれません。

    例えば板の薄い銘柄はボラティリティが高いと判定されてしまった銘柄、値がさ株は流動性が高く、流動性が高い銘柄は取引が集中しやすい傾向があるので、それが急騰の可能性ありと判定されてしまった銘柄という風に。

    短期急騰銘柄の情報を求めてお金を払ったらあまりにハイリスクな銘柄や値がさ株を推奨され、「求めていたものとは違う」と感じる方がいたということですね。

    今であればAIでの銘柄分析といえば循環物色アナライザー好成績だと評判なので、AIに興味がある方はこちらのサービスを選んだ方が無難でしょう。

    >>循環物色アナライザーの解説記事はコチラから

  3. あすなろ投資顧問目指すものとは

  4. あすなろ投資顧問は何故このタイミングでAIサービスを展開したのでしょうか。

    これは私の推測になりますが、あすなろ投資顧問はAIを活用した投資が今後、一般の投資家の間でも常識になっていくと予測したからではないでしょうか。

    近年のAIの発展は目覚ましく、多くの証券会社がAIを用いたサービスを新設し民間企業によるAIを用いた投資サービスも多数出てきています。

    直近でも新たに登場した話題株セレクトが注目を集め、名実ともに順調な滑り出しを見せています。

    今や投資にAIを取り入れることは証券会社をはじめとした機関投資家の間では常識となりつつあります。そこで投資顧問業界もと率先してAIを取り入れたのではないかと。

    以前からyoutubeで違法な投資業者に対する注意喚起の動画を挙げるなど、業界のために尽力してきたあすなろ投資顧問です。

    きっと近い将来、さらに精度を上げたAIを用いて私たち投資家に満足いく成果を与えてくれるでしょう。

    1. あすなろ投資顧問アナリストには厳しい状況が続く…

    2. あすなろ投資顧問には著名なアナリストが多数所属しています。

      しかしあすなろ投資顧問の評判を見ていると、アナリストの分析に同意できないとの意見が見られます。




      腕利きのアナリストを揃えているにも関わらず、どうしてこのような評判が出てしまうのでしょうか。

      これはあすなろ投資顧問の良心が裏目に出てしまったものと思われます。

      あすなろ投資顧問はユーザーの為を想い「まんもす藤井。の銭話物語」や「後場の注目株」、「本日の厳選株」など多くのサービスで注目銘柄を無料で多数紹介しています。

      しかし、それは同時に予想を外したり、世間の考えと大きく食い違う銘柄の数が増えるということでもあります。賛否両論が出てしまうのも致し方ないでしょう。

      本来は彼らの予想に満足し成果を得られている方もおり、決して下手くそな投資家というわけではありません。



      今はあすなろ投資顧問にとって辛抱の時ですね。
    3. あすなろ投資顧問まとめ

    4. あすなろ投資顧問のAI銘柄選定サービス「KATANA3.0」が注目を集めています。

      しかし利用者からの評判ではリスクが高すぎる銘柄や値動きの無い銘柄を推奨されると不満が出ている様子

      どうやらまだAI「KATANA3.0」は不完全なようで、あすなろ投資顧問の評判が上向くのはまだ先の話になりそうです。

    5. あすなろ投資顧問サービス一覧

    6. 【無料情報】
      注目情報やアナリストレポート、コラム、注目の銘柄などをメルマガとHPにて配信しています。

      また所属アナリストに保有銘柄や気になっている銘柄についての相談を行うこともできます。

      【有料情報】
      主に3つのサービスがあります。一つはポイントを購入し、そのポイントを消費してコラムやレポートを読むことができる「ポイント情報」。

      二つ目はAIによる銘柄選定サービス「KATANA3.0」が選んだ銘柄を教えてもらえる「単発スポット銘柄」。短期急騰銘柄に興味がある方向きのプランです。

      三つめはアナリストがマンツーマンでサポートしながらポートフォリオや売り買いの判断まで全てをサポートする「ダイヤモンドVIP会員」です。

公式サイトを見る

 あすなろ投資顧問の関連記事

あすなろ投資顧問の口コミ

▼次の口コミを表示 読み込み中

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください。

あすなろ投資顧問の基本情報

あすなろ投資顧問

公式サイトを見る

サイト名あすなろ投資顧問
サイトURLhttps://1376partners.com/
運営会社株式会社あすなろ
所在地東京都港区六本木3丁目18-12 ゲッツビルディング605
運営責任者大石恭嗣
mailinfo@1376partners.com
電話番号0120-1376-01

この記事を読んでいる人はコチラの記事も読んでいます