アルケミスト(Alchemist)の実態を徹底調査し解説

探偵

アルケミスト(Alchemist) 検証記事

アルケミスト(Alchemist)

アルケミスト(Alchemist)は正当な株スクールなのか検証

評価悪い

今人づてに広がりつつある株スクール「Alchemist(アルケミスト)」について、本当に儲かるのか調査してみました。

そして調査の結果、非常に危険な”マルチ商法”かつ”詐欺”の可能性が高いと判断します。本記事ではその理由を余すことなく詳細に解説しているので、興味がある方は是非ご覧になってみて下さい。



  1. Alchemist(アルケミスト)概要

  2. Alchemist(アルケミスト)は有料で株の運用を学べる配信サービスです。一応株式投資スクールの位置づけになります。完全招待制。

    Alchemist(アルケミスト)の主な関係者は以下の方々
    ☑ 湯田陽太
    ☑ 井上幸彦
    ☑ 美馬脩平

    湯田陽太と井上幸彦JOKERなる投資詐欺集団に属し、これまでライズトークン(現サンダーウォレット)、D9クラブ、FOINなど、数々の詐欺事件に関わってきました。D9クラブは現在進行形で集団訴訟に発展しています。

    Alchemist(アルケミスト)を利用する際は受講コースA、受講コースBを選択することができ、それぞれ直紹介ボーナスやバイナリーボーナスといった”紹介報酬”が貰えるようになってます。

    紹介報酬とは、簡単に言えばマルチ商法詐欺、ねずみ講で用いられるシステムのこと。知人に紹介して、知人が入会すれば自分に報酬が入る、同じように知人が知人を誘って入会すれば自分にも報酬が入る連鎖システムですね。「お友達にはキャッシュバック」のような一時的なものとは全くの別物です。

    JOKERの行ってきたビジネスのほとんどがマルチ詐欺だったことを踏まえると、今回のAlchemist(アルケミスト)も似たようなマルチ商法詐欺の可能性があります。

    では以下の項目から詳細に掘り下げていきます。

  3. Alchemist(アルケミスト)関係者について

  4. まず皆さんにAlchemist(アルケミスト)関係者の実態を知っていただこうと思います。以下に各人の解説を記載しました。

    【湯田陽太】
    file136

    Alchemist(アルケミスト)の親玉。年間800回もの公演を開き、様々なマルチ商法の勧誘を行う。株式会社ラベメの代表であり、若者を中心に多くの人を陥れた。これまで関わってきた投資詐欺は以下。

    D9クラブ:ポンジスキームという形態の仮想通貨詐欺。
    Financial.org(FOIN):同じくポンジスキーム。FOINという仮想通貨に出資させる形で詐欺を行った。
    ビットシャワー:HYIPという形態の投資詐欺。現在はサイト閉鎖。
    レブキャピタルファンドのライズトークン(現サンダーウェレット):元プロバスケット選手などを運営側に招き入れた仮想通貨詐欺。

    主に仮想通貨関連が多く、JOKERとして関わったものもあります。ポンジスキームやHYIPといった語句、各事件の詳細は省略させていただきます。

    【井上幸彦】
    ※画像見つからず

    JOKERの運営統括責任者であり、Alchemist(アルケミスト)の発起人。また株式会社ラベメの社員。もともとはマルチ商法で財を成したやり手。人を騙す手腕は本物。

    湯田らと組んで仮想通貨業界を中心にマルチ商法や類似の詐欺行為を行う。

    【美馬脩平】
    file136

    元々医師志望だったようだが、林晋也なる人物と出会い起業を決意。特に悪事に関わってきた過去はありませんが、悪評の多い副業スクール「副業アカデミー」の株講師を務める山下頸の弟子というのが若干不安な点。Alchemist(アルケミスト)ではトレードロジックなど株に関する監修者の立場。

    問題なのは湯田陽太と井上幸彦ですね。これまで悪質な詐欺行為を行ってきた人物がこそこそと新たに展開しているビジネスAlchemist(アルケミスト)。これだけで危険だと判断できます。

    次に契約内容のおかしな点を解説します。

  5. Alchemist(アルケミスト)契約内容がおかしい

  6. 実は友人からAlchemist(アルケミスト)のメンバー登録申込申請書兼同意書というものを見せていただくことが出来ました。そこに契約内容が記載されているのですが、その内容が普通ではありません。

    記載されていたのは
    ☑ 受講コースA 【直紹介ボーナス15%、バイナリーボーナス10%・スリーラインボーナス・ユニレベルボーナス・タイトルボーナス】
    ☑ 受講コースB 【直紹介ボーナス10%、バイナリーボーナス5%】

    と用紙には書かれてるのですが、皆さんこの意味が解りますか?肝心の受講コースで学べる内容は一切記載せず、知人を入会させることで得られる報酬の事ばかり記載してあるのです。

    ちなみに料金はAが583,200円(税込)、Bが138,240円(税込)です。報酬が多いコースの方が遥かに高額となっています。これを見ただけで明らかにマルチ商法、ねずみ講の類だとわかります。知り合いからAlchemist(アルケミスト)に勧誘されているアナタ、それはAlchemist(アルケミスト)ではなくマルチ商法ですよ。

    ※語句解説※
    ・直紹介ボーナス:自分が勧誘した人が入会すれば発生するボーナス。
    ・バイナリーボーナス:自分が勧誘した人がさらに勧誘していく…下に長く伸びていく枝の売上の一部が自分に入る。
    ・スリーラインボーナス:不明。独自のシステム?3人以上の枝が出来た場合の報酬などと予想される。 ・ユニレベルボーナス:ユニレベルとは何人でも直紹介できるというもの。マルチでは直紹介できる人数に制限がある場合がある。
    ・タイトルボーナス:自分の紹介した人から伸びた枝の人数などによってタイトル(肩書)が手に入る。その肩書のランクに応じて得られる報酬。

    もはや株で利益を出させようという気が毛頭感じられませんね(笑)とにかく紹介してね、という気概だけはひしひしと感じます。

  7. Alchemist(アルケミスト)運営会社がおかしい

  8. Alchemist(アルケミスト)のHPを以前確認した時、運営会社は「株式会社ZINAS」と記載されていました。

    そしてこの株式会社ZINASを調べると、これまで幾度となく社名、所在地を変更している企業だと判明。これだけのハイペースで会社の引っ越しは異常ですよね。

    file136

    腰を据えて営業できない悪徳企業がこういった状態になりがちなので、株式会社ZINASも同類の悪徳企業の可能性を感じます。

    また最近HPを再度確認したところ、今度は運営会社が「株式会社Alchemist(アルケミスト)」に変わっており、調べるとこれは社名が変わったのではなく、別会社であることが判明。

    file136

    →別会社である証拠

    株式会社ZINASでは都合が悪いので、新しい会社を立てて不都合な事実を隠ぺいした可能性があります。

    しかも私が知人に見せてもらった申込用紙には会社住所が「東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目35番2号グレインズビル10F」となっていますが、HPでは「東京都渋谷区恵比寿西1-19-6」となっています。

    これも自分たちの所在地を隠すための隠蔽工作でしょう。彼らは自分たちの素性を明かすつもりは一切ないのです。これを怪しい企業だと言わずして何を怪しいというのでしょうか。

  9. Alchemist(アルケミスト)まとめ

  10. 関係者がマルチ商法の有名な詐欺師たちで、今回のAlchemist(アルケミスト)も同様のマルチ商法。完全紹介制で情報流出を厳しく管理。掲載されている会社情報は全て架空。

    ここまでわかれば詐欺だと言って差し支えないのではないでしょうか。皆さん、Alchemist(アルケミスト)で投資の勉強などできるわけがありません。マルチで儲けることが出来ないのは当然ですね。

    株で利益を得たいのなら、株価上昇の可能性が高い銘柄をAIが選んでくれる「循環物色アナライザー」の活用をオススメします。物色前の急騰候補株を探し出す今注目のサービスです。気になる方は以下の調査記事を御覧下さい。

    >>循環物色アナライザーの評判と概要を紹介
  11. Alchemist(アルケミスト)有料コンテンツの検証

  12. (1)無料コンテンツ
    ・無し
    (2)有料コンテンツ
    受講コースA 583,200円
    【直紹介ボーナス15%、バイナリーボーナス10%・スリーラインボーナス・ユニレベルボーナス・タイトルボーナス】

    ・受講コースB 138,240円
    【直紹介ボーナス10%、バイナリーボーナス5%】

公式サイトを見る

アルケミスト(Alchemist)の口コミ

▼次の口コミを表示 読み込み中

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください。

この記事を読んでいる人はコチラの記事も読んでいます