旬株市場

探偵

旬株市場 検証記事

元証券ディーラーの管理人が運営を行い、当時の売買手法の公開や相場解説を行っていたようですが、現在はすべてのコンテンツが停止している放置サイトでした。証券会社を退職し始めたサイトが放置されるという悲しい状況。

現実は厳しいですね。利用者は全く集まらなかったのか、口コミは一切確認できず、話題にすら上がっていません。検証途中で投げ出したくなるような放置具合には呆れるばかりです。

証券ディーラーとしても活躍できず、株情報サイトとしても活躍できなかった管理人はいま、何を考えているのでしょうか?



  1. 旬株市場特徴・運営方針

  2. 株式投資で儲けるにはどうすればいいのか?どのような方法があるのか?元証券ディーラーの管理人がこれまでに学んできた有益な株情報を配信しているようです。

    その情報をしっかりと考えて理解し、研究を行えば確実な勝利が見えてくるため、資産運用に役立てていけるそうです。

  3. 旬株市場商品の概要、サービスの紹介

  4. (1)無料コンテンツ

    ・無料メルマガ 株式市場の流れから旬な儲かる銘柄を発掘、配信を行っています。

    (2)有料コンテンツ

    ・有料会員 月額 7,000円
    相場解説や注目銘柄の解説を記載したレポートの購読ができる会員です

    ・レポート販売 12,000円
    証券ディーラーの売買手法などが記載されたレポートです。

  5. 旬株市場無料コンテンツを検証

  6. 無料コンテンツとして提供されている無料メルマガですが、早速登録を行おうとしたところ、現在は配信を停止しているようです。バックナンバーだけでも確認できればよかったのですが、すでにページ自体が存在していない様子。いきなり出鼻を挫かれましたね。

    サイトをよく見てみると、所々に画像が表示されていない部分もあるため、しばらくサイトも更新されていないようです。放置サイトの可能性が出てきました。

  7. 旬株市場有料コンテンツを検証

  8. 有料コンテンツは2つ提供しています。1つ目は月額制の有料会員サービスです。相場解説や注目銘柄の解説を行ったレポートの購読ができるようなのですが、有料会員の募集が2010年度の更新を最後に途絶えています

    実際に申し込みページに進んだものの、「ページは存在しません」と表示されるので、有料会員も現在は停止しているようですね。今のところ何一つコンテンツの検証が行えていないのが悲しいです。

    2つ目のレポート販売ですが、内容は「証券ディーラーの売買手法が学べる」と記載されています。管理人は名前を明かしていないものの、元証券ディーラーだと記載しているので、当時の売買手法などを公開しているようですね。

    なぜ退職したのか不明ですが、掲載されている実物の写真を見ると随分とお粗末なレポートに見えますね。こちらに関しても購入ページに進もうとしたところ、同じくページが存在していないという表示が出ます。

    有料・無料問わずサイト上にて提供されていたコンテンツ全てが停止している状況からみると、放置された株情報サイトなのは確実ですね。検証を始めてしまったことに後悔しています。

  9. 旬株市場会員登録の有無、コンテンツ総評

  10. 残念ながら運営を停止したサイトでしたね。証券会社を退職し、投資情報サイトを運営したものの放置。一体何がしたかったのでしょうか?最終的に自身の売買手法まで公開し身売りまで行った結果がこれでは、同情してしまいます

    現在は別の道を見つけたのでしょうか?路頭に迷っているようでは後味が悪いですね。お幸せになられていることを願っています。

  11. 旬株市場サポート体制を検証

  12. 全てのコンテンツが利用不可能なため、利用を検討する余地はありません。サポート体制など検証することもできません。

  13. 旬株市場口コミ情報を調査!

  14. 口コミを調査したものの、利用者とみられる口コミは投稿されていませんでした。悲しいですがこれが現実です。利用者の集まらない株情報サイトは勝手に淘汰されてしまうようですね。

  15. 旬株市場会社所在地を検証

  16. 会社所在地を確認すると、賃貸向けのオフィスビルが見つかりました。有料会員の募集を6年前に終了している点を鑑みると、現在も入居しているとは考えにくいですね

    既に運営を停止した株情報サイトのため、現在は何も利用することが出来ないサイトです。 皆様が見に行くような手間をかけるべきサイトではありません。 お付き合いありがとうございました。
    公式サイトを見る

    旬株市場の口コミ

    口コミ投稿フォーム

    注目マークを表示する場合は「ON」にしてください。