Weiss Ratings(ワイスレーティングス)を契約すべきでない理由と口コミ

探偵

Weiss Ratings(ワイスレーティングス) 検証記事

ワイス・レーティングスサムネイル

Weiss Ratings(ワイスレーティングス)の内容は銘柄選びの参考にならない

評価悪い


Weiss Ratings(ワイスレーティングス)は米国株の格付け機関で、格付けをレポートにして配信しています。

また格付け評価だけでなく、安全に資産を増やすための「セーフマネー」レポートや、積極的にリターンを狙っていく「パワーエリート」レポートも格付けとともに配信しています。

本記事ではこのWeiss Ratings(ワイスレーティングス)のレポート内容が参考になるのか、評判を基に判断してきます。

  1. ワイスレーティングス評判

  2. Weiss Ratings(ワイスレーティングス)の評判を調べたところ参考にならないとする意見が大多数を占め、あまり重要視している人はいない様子。

    口コミの一例がコチラ↓

    ・翻ってWeissの立ち位置なんですが、少なくとも大手とは言えませんし、伝統的な資産クラスの世界で彼らの付与する格付が機関投資家の投資行動に与える影響はほとんどゼロでしょうね 仮想通貨にしても、その程度の会社が付与するratingとは名ばかりのアナリストレポートを誰が参考にするのか甚だ疑問です


    マイナー企業が発行する、レーティングとは名ばかりのただのアナリストレポートと呼ばれ、相手にされていません。


    Weiss Ratings(ワイスレーティングス)の会社規模や影響力を基に信憑性が低いと判断している方は一定数いるようで、同様の意見は多くみられます。

    また内容に納得がいかないとする意見もあります。

    ・売りは安全な株 ですが言い換えると大して上がらない手堅い株で配当が出るだけということになります。それと一つ文句があるのは、買うタイミングを全く無視してます。これから下がりかかってる株でも推奨したら撤退は指示しません。大きく上がる可能性のある株は危ないから推奨しないのでアメリカ株に投資する意味がありません。数か月前に金を大きく推奨してますが、金は一旦下げており、それでも長期でみれば買いとの姿勢は崩しません。上がるまでにはしばらくかかりそうですのでタイミングも含めて推奨すべき。またこの程度の情報なら無料でネットの方が必死に頑張って情報提供してくれてます。


    銘柄の買うタイミングや売り判断に関しては全く参考にならない内容とのこと。

    タイミングや将来性を加味せず配当を出している銘柄を教えてくれるだけなら、自分で調べられる程度の内容ですよね。

    実際に口コミを投稿している方も”この程度の情報なら無料で手に入る”と述べています。

    これらの評判を見るに、Weiss Ratings(ワイスレーティングス)は低品質と判断することができ、参考になるとは言えません。

    当サイトの口コミで高い評価を得ているAIP投資顧問の方が、より良い投資情報を提供してくれる可能性が高いと思われます。

  3. ワイスレーティングスレポート内容が杜撰な理由

  4. Weiss Ratings(ワイスレーティングス)について調べていると、レポート内容が杜撰な理由が浮かび上がってきました。

    それが以下の3点
    ☑ 米国のWeiss Ratings(ワイスレーティングス)本体が悪質な企業体質
    ☑ Weiss Ratings(ワイスレーティングス)は素人が評価を行っている可能性
    ☑ 日本で代理配信をしているインベストメントカレッジが不誠実な会社

    それぞれの詳細を解説していきます。

    【①:米国のWeiss Ratings(ワイスレーティングス)本体が悪質な企業体質】
    レポートを作成しているアメリカのWeiss Ratings(ワイスレーティングス)についての評判を英語圏の口コミサイトで調べていると、批判が非常に多いことが判明しました。

    海外での評判が悪い

    これは世界規模の消費者レビューサイト「Trustpilot」内でのWeiss Ratings(ワイスレーティングス)の口コミ評価です。

    5段階中の1.3で97%のユーザーが最低評価を付けています。どんな内容が投稿されているのかというと、Weiss Ratings(ワイスレーティングス)が詐欺サイトだと批判するものばかりなのです。

    クレームの内容

    悪質な商法で消費者からクレームを付けられていることがわかります。これにより、Weiss Ratings(ワイスレーティングス)が誠実にレポートを仕上げるつもりが無いと推測できます。

    【②:Weiss Ratings(ワイスレーティングス)は素人が評価を行っている可能性】
    「Trustpilot」内の口コミを見ていると、Weiss Ratings(ワイスレーティングス)が他サイトからレポートの内容を盗用していることや、評価基準が信用ならないことが指摘されています。

    ワイスレーティングスの盗作リーク

    信頼性に欠けるとの声

    これは自社で資料を集め、分析する力が無いからではないでしょうか。つまりWeiss Ratings(ワイスレーティングス)の格付けは素人が行っている可能性があるのです。

    このような格付けは銘柄選びの何の参考にもなりませんね。銘柄選びに関していえば、勝率80%を記録した銘柄選別ロフト「話題株セレクト」の方が圧倒的に役立つと感じます。

    【③:日本で代理配信をしているインベストメントカレッジが不誠実な会社】

    ①、②でWeiss Ratings(ワイスレーティングス)が実はアメリカで評判が悪く、悪質な運営体質に加えて他サイトの記事の盗用や根拠のない杜撰な格付けを行っていることがわかりました。

    こんな会社の商品をライセンス契約を結んでまで日本で販売するインベストメントカレッジはどのような会社なのか。

    実は、インベストメントカレッジ自身も悪質な商売を行っていることで評判が悪い会社だったのです。

    インベストメントカレッジはWeiss Ratings(ワイスレーティングス)の代理販売以外に『大富豪の投資術』という書籍の代理販売も行っていて、これもまたアメリカの詐欺会社とライセンス契約を結んで行っています。

    さらにインベストメントカレッジ自体も一度法令違反を犯し、金融庁から行政処分された過去があります。

    つまり、インベストメントカレッジ自体もレポートの内容が杜撰だろうが何だろうが、儲かればいいという考え方の企業なのです。

    ①~③をまとめると、Weiss Ratings(ワイスレーティングス)もインベストメントカレッジも問題だらけで、むしろ内容がまともなわけがなかったというわけです。

  5. ワイスレーティングス商品・サービス概要

  6. 米国最高格付けの株式ランキングを提供すると謳う情報配信サービス。北米の全株式銘柄から最も安全性、成長性があり、適正な株価であると判断した銘柄をランキングにして配信します。

    日本の企業インベストメントカレッジとライセンス契約を結んでおり、日本でのサービス展開はインベストメントカレッジ名義で行われています。

    ※オンライン講座※
    ・セーフマネーレポート 年間購読料9,800円(税抜)
    1971年に創業した歴史ある格付け機関、Weiss Ratingsが日々分析する53,000もの機関、および金融商品の格付けをもとに、「世界情勢の変化に対応しつつ安全に資産を増やす」事を目的とした投資ニュースレターです。

    ・セーフマネーレポートライフタイムプラン 入会費39,800円(税抜)/翌年更新から購読料年間1,000円(税抜)
    セーフマネーレポートを、生涯会員にアップグレードして情報をお届けするサービスです。在「セーフマネーレポート」をご購読中の方にご案内しております。

    ・ワイスレーティングス「X」リスト オンライン講座1,980円
    格付企業から金銭を受け取ることなく、機関投資家の好みを考慮せず、公正で厳格な基準に基づいた株式のリスク調整済みパフォーマンスとその価値についた銘柄の格付けリスト。

    ・Weissゴールド投資ガイド オンライン講座/1,980円
    堅実な金銀投資戦略とは何か。その答えを4つのパートに分けて紹介。

    パートI:金の価値を上げる6つの大きな要因
    パートII:セーフ・マネー・レポート流 金の買い方
    パートIII:銀がこの上なく貴重な金属である3つの理由
    パートIV:銀が1オンス50ドルまで上昇したときに利益を得る方法

    ・3桁の利益を狙う ゴールド・マイン投資術 オンライン講座/17,980円
    「金価格が2020年以降上昇する」と予測される要因を、金投資のアナリストであるショーン・ブロドリック氏が徹底解説。また、どの金鉱株が将来的に成長するか?そして、銘柄へのエントリーのタイミングを選ぶ際に注目すべきテクニカルシグナルの読み方も紹介。さらに、ブロドリック氏が選んだ今買うべき「金鉱株:オススメ3銘柄」も紹介

    ※投資助言サービス※
    ・THE GOLD 年間顧問料299,800円(税抜)
    安全資産と言われる「金(きん)」それ自体ではなく、金の価格上昇によって驚異的な株価上昇の可能性を持つ「金鉱株」に投資するのがTHE GOLDの戦略です。 本サービスでは、米国のアナリストであるショーン・ブロドリック氏の分析のもと、インベストメントカレッジが日本人投資家向けに判断した上で、金鉱株の購入から決済まで、タイミングを見極めたアラートをお届けします。

    ・THE GOLD ライフタイム会員 入会費800,000円(税抜)
    THE GOLDを、生涯会員にアップグレードして情報をお届けするサービスです。
現在「THE GOLD」をご購読中の方にご案内しております。

    ・テクノロジーポートフォリオ 年間顧問料299,800円(税抜)
    2020年より、コロナ禍を契機に加速したテクノロジー革命「デジタル・トランスフォーメーション」の波に乗りながら、最先端のテクノロジー企業に投資していくことで長期に渡って高いリターンを狙っていくアラート配信サービスです。

    長期で保有することでキャピタルゲインを狙っていく「フューチャー・ショック・ポートフォリオ」、短期で利ザヤを狙っていく「短期スプリング・ポートフォリオ」の2つの戦略を、米国のアナリストであるジョン・マークマンの分析のもと、インベストメントカレッジが日本人投資家むけに判断した上で具体的な売買のアラートをお送りします。

    ・テクノロジーポートフォリオ ライフタイム会員 入会費800,000円(税抜)
    テクノロジーポートフォリオを、生涯会員にアップグレードして情報をお届けするサービスです。現在「テクノロジーポートフォリオ」をご購読中の方にご案内しております。

公式サイトを見る

 Weiss Ratings(ワイスレーティングス)の関連記事

Weiss Ratings(ワイスレーティングス)の口コミ

▼次の口コミを表示 読み込み中

口コミ投稿フォーム

注目マークを表示する場合は「ON」にしてください。

この記事を読んでいる人はコチラの記事も読んでいます